【大相撲】遠藤の雨の日ファッション~蛇の目傘と雨下駄

シェアする

日本相撲協会公式ツイッターで、雨の日に場所入りする遠藤の姿が紹介されていたのですが……。↓

遠藤番傘
(画像出典 2014年5月21日 日本相撲協会ツイッター

↑じゃ……蛇の目傘?? 傘まで和服の雰囲気に合わせているなんてオシャレ~!

じゃあ他の力士も蛇の目傘なのかな? と思って見てみたら……。

ビニール傘

旭天鵬
(画像出典 2014年5月21日 日本相撲協会ツイッター

↑旭天鵬はビニール傘(お付きの人は番傘を持っているようですが……)。

常幸龍
(画像出典 2014年5月21日 日本相撲協会ツイッター

↑常幸龍も普通の傘。

高安
(画像出典 2014年5月21日 日本相撲協会ツイッター

↑高安は番傘でしたが、ツイッターで紹介されている力士を見る限り、和傘派は少ないようでした。

別に、普通の傘でもまったく問題はないわけですが、和傘だとかなり情緒が増して素敵です!!

雨下駄

あと、もう一つ注目なのは遠藤の足元。

遠藤番傘
(画像出典 2014年5月21日 日本相撲協会ツイッター

↑普通の下駄ではなく、カバーのある雨下駄を履いているんですよね。

和装小物かなめ屋さんの記事によると、雨の日に普通の草履を履くと『底革の部分から雨水を吸い上げ、中のコルクに浸透し膨張して脆く』なり『お草履の寿命が極端に短くな』るため、雨下駄か雨草履を履くのがおすすめだとのこと。

「小雨だから普通の草履でもいいや」というのではなく、ちゃんと雨下駄を履くあたり、遠藤のきちんとした性格がにじんでいるようだなと思いました。

あとは、あのぽっちゃりとした手に提げられた巾着……(笑)。一体何が入っているのか気になるところです。

追記:雪の日ファッション

2018年1月の初場所で東京に雪が降ったのですが、そのときの遠藤のファッションが日本相撲協会公式ツイッターで紹介されていました。番傘に雨下駄です!↓

【大相撲】雪の中、遠藤が番傘を差して場所入り~寒くても手袋をはめない力士らしい勇姿【2018.1初場所】
東京で大雪が降った今日、日本相撲協会公式ツイッターで、番傘を差して会場入りする遠藤の姿が紹介されました。手袋をはめておらず寒そうだと思いましたが、ある意味タフで力士らしい。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする