アニメ「ふるさと再生 日本の昔ばなし」で、「三枚のお札」のラストが「山姥食べられラスト」ではなかった

シェアする

「日本昔ばなし」といえば、「坊や~よい子だねんねしな♪」の「まんが日本昔ばなし」です。幼児時代、小学生時代は毎週見ていました。

しかし時は過ぎゆき、今や「まんが日本昔ばなし」は過去のものに。

再放送でもない限りもうああいうアニメは見られないんだろうな……と思っていたのですが、テレビの番組欄で「ふるさと再生 日本の昔ばなし」というものを見つけました。

タイトルが微妙に違うけれど、日本の昔ばなしだって。面白そう! と思い、早速見てみることに。

三十分に三話

ふるさと再生 日本の昔ばなし

↑オープニング曲は、タレントの中川翔子さんが歌っています。

ふるさと再生 日本の昔ばなし

(画像出典:2013年12月7日放送「ふるさと再生 日本の昔ばなし」内「三枚のお札」)

三十分という放送時間の中に三話が詰め込まれており、テンポが良く、なかなか見応えがあります。

元祖「まんが日本昔ばなし」のように、ナレーションは男女二名のみ。松金よね子さんと柄本明さんが担当してらっしゃいます。

2013年12月7日放送の回は「かちかち山」「三枚のお札」「カッパと手洗鉢」というラインナップだったのですが、中でも、有名な「三枚のお札」がスリリングで面白かったです。

(山姥に捕まったお寺の小僧さんが、和尚さんに持たされていた三枚のお札を使って、山姥から逃げる話。)

三枚のお札・ラストの違い

ただ、私の知っている「三枚のお札」は、最後、「和尚さんの話にうまくのせられて豆粒ほどに小さく化けた山姥を、和尚さんが餅にくるんで食べてしまう」……という結末を迎えるのですが、「ふるさと再生 日本の昔ばなし」では「和尚さんが念仏と神通力によって山姥を追い払う」というラストになっています。

wikipediaによると、「三枚のお札」の内容は『地域や話者によって細部に差異がある』とのことなので、「山姥追い払いラスト」も「有り」だとは思うのですが、おそらく一番有名で衝撃的な、「山姥豆粒化&餅にはさまれ食べられるラスト」を見たかったなあという気もします。

とりあえず、楽しく見られました。日本の昔話ってやっぱり良いですね。子どもたちにはこういうのを見て育ってほしい。長く続くアニメになってくれたら良いなあと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする