半沢直樹の最終回を見た感想~唐突で納得できない終わり方

シェアする

テレビドラマ「半沢直樹」の最終回を見ました。

全十回の放送なのですが、見始めたのは八回目から。

何やら評判の高いドラマなのでどんなもんかと見てみたら、話が複雑でついていくのが大変だったのですが、勧善懲悪的なスッキリ感が面白そうだったので最終回まで見てみることにしたのです。

倍返し

香川照之さん演じる悪役(大和田)がどんな形で倍返しされるのか……。途中までは少し弱気なそぶりも見せる半沢直樹が、それをバッと翻して強気に転じ、一気に相手を責め立て、やりこめていく。

香川照之さんは、いつからか悪役ばかりで見るようになった……。映画「カイジ 人生逆転ゲーム」の利根川や「るろうに剣心」の武田観柳。今回もまた見事なばかりの悪役だなあ。あの、人を見下したような、ピクピクした表情がハマってるよなあ。

バシッと予想通りにたたきのめされ、悔しそうに土下座した大和田。数日後、頭取の前に姿を現した大和田(プライドが高そうなので、ちゃんと生きているか心配しました)は、意外とさっぱりと潔い態度。

そんな大和田に、頭取は、「銀行員としての君を尊敬していたんだ」と、一応降格はさせたものの、銀行にとどまらせる決断。

へえ……じゃあ、もしかして、半沢直樹は、大和田よりもさらに格上の役職に就くことになるのでは? と、期待しながら見ていたら……。

「東京セントラル証券への出向を命じる」

……って、あれ? 人事としては、大和田よりも良くない感じですか?

最後、半沢直樹の……(笑)。大写しになるのですが、頭取をめちゃくちゃ睨んでます。ジト~~ッと(笑)。

納得がいかない

なにこのドラマ、これで終わり? 続きはあるの? あら? 終わっちゃったよ?

なぜ出向? 説明が欲しいよね。説明なしでプツンと終わられると、こっちの頭がハテナだらけだよ。半沢直樹もめちゃくちゃ睨んでたし(笑)。

ネット上の反応を見ると、このドラマには続編があるのでは? との声が多くありました。

そうなのかなあ? とりあえず今回の終わり方はあまりに中途半端だったので、もっと納得できるようなラストのある続編があるなら見てみたいなと思います。

(追記:上の記事を書いてから続編のことについてもっと調べてみたら、すでに「ロスジェネの逆襲」という小説で、今回のドラマの続きが描かれているようです。

内容紹介によると『親会社から受けた嫌がらせや人事での圧力は、知恵と勇気で倍返し。ロスジェネ世代の部下とともに、周囲をあっと言わせる秘策に出る。』とのこと……面白そうですね!

半沢直樹シリーズは「ロスジェネの逆襲」以降も「週刊ダイヤモンド」にて「銀翼のイカロス」というタイトルで連載中なのだそうです。

全部ドラマ化してほしい!)

追記:「銀翼のイカロス」文庫化

2017年追記:上記(2013年)の時点では「連載中」だったシリーズ最新作「銀翼のイカロス」。

もう四年も経っているんだから文庫化されているんじゃない? と思って調べてみたら文庫化されていました!

これでシリーズ四作目とのこと。シリーズ五作目もいつか出る……かな?

スポンサーリンク

シェアする

フォローする