【大相撲】遠藤、春場所に出場意向の表明~怪我した状態で出場するのが普通じゃないとわかっていながら頑張る遠藤【2016.3春場所】

2015年3月場所に左膝を傷め2015年11月場所に右足首を傷め、それでも出場を続けてきた遠藤。

これ以上怪我が悪化しないか心配で心配で、取り組みをぜえぜえしながら見る日々が続く中、ついに2016年の初場所7日目で遠藤は休場しました。↓

遠藤
(画像出典:2016年1月16日放送 NHK総合1 大相撲初場所七日目)

↑遠藤の姿が土俵上で見られなくなるのは寂しいものの、これでとりあえず最悪の事態(怪我を増やしたり悪化させること)は避けられると思い、ホッとしたものです。

三月場所

しかし、問題は次の三月(春)場所

1月に休場して、たった二ヶ月後に怪我が完治しているとは思えない。

怪我のことを思えば、もう一場所全休するくらいのことはした方が良い気がするし、ファンとして、それを待つ覚悟もある。

けれど、遠藤のことだからなあ……。

最初に怪我したとき、次の場所は絶対に休むと思っていたのに出場したし、その後も、怪我を抱えながらずーっと出場を続けた。

この流れを考えれば、三月場所は出場だろう。

私の中では、遠藤の出場は八割方確定していました。

出場

そして、出場するかどうかはっきりすると言われていた2016年3月10日。

やはり、遠藤出場の報が流れました。以下、遠藤の談。↓

(初場所前の)1月とかに比べると、久しぶりに相撲を取っているという感じ。まだまだですけど、本場所の一番でさらに良くなっていけばいいかなと思います。(引用:日刊スポーツ

遠藤らしい前向きさで、最善を尽くそうとしているのだなと思いました。そうなると思っていたよ。心配だけど楽しみでもある。頑張れ遠藤!

意外な言葉

しかし、意外だったのは以下の言葉。↓

1年前にけがをしてから、休場せずにやってきたが、それ自体普通(の状態)じゃなかった。(引用:livedoor news)

↑怪我をした状態で出場を続けていたことが普通じゃないって、遠藤、わかってたんかーーい!

私には痛々しく思えても、遠藤にはそれが当然のことなのかと思っていました。だからこそ、出場するのだと。

でも本当は、「普通だったら休むよな」って、遠藤自身もわかっていたんですね。わかっているけれど、そうは簡単にはできない何かがある。それは何なんだろう。人気力士としての責任感なのか、「己に負けたくない」という情熱なのか……。

柔らかな物腰に秘められた強い精神が遠藤の魅力です。

↑直近の遠藤。なんだか何か吹っ切れたような、爽やかな表情……。

苦しみを突き抜けて、新たな明るい境地にたどり着いたのかもしれません。

三日後に初日を迎える、2016年三月場所。

新入幕の場所から遠藤ファンになった私にとって、初めて見る十両の遠藤です。

十両で、どんな相撲を見せてくれるか? 楽しみです。頑張れ遠藤!

  • 運営者ブログ新着記事