【大相撲】正代が新入幕で勝ち越し~インタビューで思慮深さが垣間見える【2016初場所】

2016年初場所12日目。今日、なんと正代が横綱・鶴竜の露払いを務めました!

相撲
(画像出典:2016年1月21日放送 NHK総合1 大相撲初場所12日目 画像内矢印は筆者)

↑新入幕で露払いってなんだかすごいな、縁起が良いなと感じます!

緊張

露払いの大役を終えて支度部屋に帰ってきた正代は「うわ~緊張した、うわ~怖かった~! 怖かった~!」と言っていたそうです(笑)。

しかし、その後の髙安戦では悠然と勝利!

相撲
(画像出典:2016年1月21日放送 NHK総合1 大相撲初場所12日目)

↑髙安はパワフルな相撲を取る強敵なので、大丈夫かな……と思っていたのですが、あっという間に寄り切って勝負を決めてしまいました。

知的

相撲
(画像出典:2016年1月21日放送 NHK総合1 大相撲初場所12日目)

↑新入幕での勝ち越しを決めたということで、インタビュールームに呼ばれた正代。

アナウンサーに「今日は初めて土俵入りの露払いも経験しました。いかがでした?」と聞かれると、

『そうですね、とても緊張して……。でも逆にそのおかげで取り組みは……。楽に相撲を取れました』

と答えていたのですが、この発言内容に私は感心してしまいました。

自分にとって良いとは言えないこと(緊張)のおかげで、良いこと(その後楽に相撲が取れた)がもたらされた。

この、「良くないこと」のおかげさまで「良いこと」が起きたとする考え方ができるのは、精神性が高く、知的な証拠だと思いました。

正代の、このような思慮深いところに惹かれます。

今後も楽しみ

今日、正面解説だった北の富士さんからも『正代。将来性、非常~~に開けてるんじゃないですか? この人は。なかなか大物ですよ。懐(ふところ)深いしね。足腰良いし』と、お墨付き! をもらった正代。

「(取り組み前に)最近はあまり緊張しなくなった」とも語っていたようですが、いつまでも、今のような初々しさを残した正代でいてほしいな……なんて思ってしまいます。

左肘を悪化させず、今場所を乗り切ってほしいです。これからの成長が楽しみだ! 頑張れ正代!

  • 運営者ブログ新着記事