【大相撲】笑点で見たマービンJr(元力士)の「相撲漫談」で明かされた豪栄道のプライベートが微笑ましい

シェアする

「相撲漫談」というものが披露されるというので興味を持って録画してあった「笑点特大号」を見てみました。↓

マービンJr
(画像出典:2015年11月11日放送 BS日テレ 笑点特大号)

↑出てきたのはマービンJr(ジュニア)という体格の良い人。

ハーフで元力士、幕下西18枚目まで上りつめたマービンJr」という自己紹介がありました。へえ、そうか、元々は力士だったんだ。

さすが元力士

なぜ力士を辞めたんだろう……なんて思いながら相撲漫談を見始めたら、これがなかなか興味深い。

マービンJr
(画像出典:2015年11月11日放送 BS日テレ 笑点特大号)

↑四股を踏み、横綱土俵入りの型を見せながらネタを言うというスタイルなのですが、この四股、さすが元力士だけあって綺麗に高く上がっています

そして、私が一番気に入ったのがこちら。「関取の真実」と題されたネタの中の一つ。↓

マービンJr
(画像出典:2015年11月11日放送 BS日テレ 笑点特大号)

↑マービンJrが声を張ります。「大関・豪栄道(ごうえいどう)は……!!」

↑豪栄道。

マービンJr
(画像出典:2015年11月11日放送 BS日テレ 笑点特大号)

「二年に一度のペースで野良猫を拾う!!」

えっ……。豪栄道が野良猫を……?

うわ……似合う……。

豪栄道と野良猫って、しっくりきすぎて微笑ましいです。豪栄道がその大きな手のひらに拾った仔猫をのせて、人差し指で頭を撫でている様子が目に浮かびます。

マービンJr

しかし、そんな豪栄道のプライベート情報を知るマービンJrって、何者?

と思い、調べたところ、豪栄道とは高校が一緒だったらしい(豪栄道の方が一年先輩)。現在でも親交が深いようです。↓

また、マービンJrが力士時代に所属していたのはなんと現在遠藤がいる追手風(おいてかぜ)部屋

「大翔勇(だいしょうゆう)」という四股名だったそうです。

2006年、18歳で初土俵。二年後の2008年に「心臓の病気」のため引退とのこと。(参考:wikipedia

短い相撲人生だったんですね。本人は力士を続けたかったでしょうに……。

そのときのマービンJrの心中を思うと切ないですが、でも、その選択があったからこそ、今、こうして多くの人がマービンJrの相撲漫談に触れ、相撲を新たな角度から楽しめるわけです。

力士だった経歴を生かして、これからも相撲の面白さを漫談で広めていってほしいです。

(追記:2016年秋場所、マービンJrが敬愛する豪栄道が初優勝を果たしました! めでたい!↓)

【大相撲】豪栄道が初優勝!~何事も辛抱強く諦めない姿勢を学ぶ【2016.9秋場所】
豪栄道が初優勝しました! 大関昇進以来不調続きの印象が強かった豪栄道ですが、地道に積んだ努力が実ったのですね。時間がかかっても諦めず、辛抱強く頑張る姿勢を、豪栄道の優勝から学んだ気がします。

もちろんマービンJr本人もツイッターで大喜びです。↓

スポンサーリンク

シェアする

フォローする