囲炉裏の鮭(サケ)串焼きが「切り身」でびっくり&美味しそう~アイヌ民族の法要祭にて

シェアする

北海道のローカル番組で、9月の大型連休中に北海道で行われた催しが紹介されていました。↓

シャクシャイン法要祭 囲炉裏 鮭
(画像出典:2015年9月23日放送 HBC北海道放送1 今日ドキッ)

↑その中の一つがシャクシャイン法要祭

シャクシャインとは、江戸時代に松前藩に対して蜂起した、アイヌ民族の首長の名(参考:wikipedia シャクシャインの戦い

シャクシャインの命日は10月23日ですが、法要は毎年秋分の日に行われるのだそうです。

鮭の切り身

シャクシャイン法要祭 囲炉裏 鮭
(画像出典:2015年9月23日放送 HBC北海道放送1 今日ドキッ)

↑そんなシャクシャイン法要祭の一場面。

シャクシャイン法要祭 囲炉裏 鮭
(画像出典:2015年9月23日放送 HBC北海道放送1 今日ドキッ 画像内円は筆者)

↑部屋中央にある大きな囲炉裏に、何やらたくさんの串焼きらしきものが……。

シャクシャイン法要祭 囲炉裏 鮭
(画像出典:2015年9月23日放送 HBC北海道放送1 今日ドキッ 画像内円は筆者)

↑何だろうと思っていたら、それはなんと!! 鮭の切り身だった!

脂がぽたぽたと滴(したた)って美味しそう……。

なのですが、囲炉裏の串焼きで「切り身」って初めて見た!

私の中で、「囲炉裏で魚を串焼き」というと、小ぶりな川魚に塩を振って丸ごと焼くイメージでした。↓

↑こんな感じ(写真は鮎の塩焼き)。

それが切り身って、なんだか面白い。

まあ、鮭は丸ごと串焼きにするには大きすぎるから、切って焼くのが良いですよね。

ちなみに、アイヌ民族は鮭をカムイチェプ(神の魚)またはシペ(本当の食べ物)と呼び(*1)、感謝を捧げながら大切に食べていたそうです。(参考:*1wikipedia アイヌとサケ

いつもうちでは、鮭は「塩鮭」を買ってきてフライパンで焼いて食べているのですが、この映像を見た母が「今度生鮭を買ってきて、塩を振ってグリルで焼いて食べてみたいね」と言っており、「それ、いいなあ」と思いました。

生鮭をグリルで焼く。意外と、やったことのない調理法です。近いうちに試してみようと思います!

(追記:後日、生秋鮭を買ってきて塩焼きにしてみました!)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする