マクロビオティック料理レシピ

「 だんご 」一覧

もちもちかぼちゃだんご

かぼちゃ、片栗粉、塩というシンプルな材料で作る、とても美味しいおやつです。焼きたてを食べるとむっちりもちもちで最高です! 皮ごと使うから栄養もばっちり。子どもの頃から慣れ親しんだ、ふるさと北海道の味です。

そば粉のおやき(そばパン)食養療法対応

桜沢如一著『新食養療法』の第一期食(マクロビオティックを開始してすぐの食事)として掲載されている、主食と副菜を兼ねた優秀な一品。むっちり、どっちりとしただんごパンです。けっこうお腹にたまりますよ。

そばがき食養療法対応

桜沢如一著『新食養療法』にも、第一期食(マクロビオティックを開始してすぐの食事)として掲載されている一品。そばがきに塩をふり、長ネギと大根おろしを5グラムほど添えて食べるだけで、他に副菜もつけず一食として良いのだそうです。桜沢氏からの信頼も厚い、日本の伝統的な食べ物です。そば粉さえあれば簡単に作れるので、ぜひお試しください!

とろ~りみたらしあやめだんご

あつあつ、ぷりっとしただんごに、甘辛タレをたっぷりとつけて食べます。素朴さがたまりません。小麦粉と水、粗糖、醤油さえあればできてしまいます。美味しいですよ~!

レーズンスティック

もちっ、かりっ、と香ばしくて、つい手がのびてしまいます。レーズン(干しぶどう)の自然な甘さがイイ! 小麦粉とレーズンさえあれば作れる手軽さも好きです。

モロヘイヤ味噌おやき

皮から手作り。ナスも大根もとろとろで、味噌の香りも良く、とても美味しい! モロヘイヤのぬるぬるが具にまとまりをもたらしていて、予期せずして良い感じ。