マクロビオティック料理レシピ

「 かぼちゃ 」一覧

かぼちゃの煮付け

醤油とみりんで味つける、優しい甘みの煮付けです。ほっくりしていてお菓子のように美味しい上に、栄養価は抜群。お腹にもたまります。ヘルシーなおやつとしてもおすすめ。かぼちゃさえあれば簡単に作れてしまうのがいいですよね。

かぼちゃときのこのとろみカレースープ

オーサワのカレールウ(粉末タイプ)使用推奨の、「ご飯なしで食べられるカレー」です。汁物の代わりに食べます。たとえばおにぎりと一緒に。きのこから旨味がたっぷり出て、かぼちゃの甘みもクセになります。「カレーをルウだけで食べるってどうよ??」という猜疑心を吹き飛ばす美味しさ!

もちもちかぼちゃだんご

かぼちゃ、片栗粉、塩というシンプルな材料で作る、とても美味しいおやつです。焼きたてを食べるとむっちりもちもちで最高です! 皮ごと使うから栄養もばっちり。子どもの頃から慣れ親しんだ、ふるさと北海道の味です。

甘い野菜のスープ食養療法対応

久司道夫氏の定番レシピとも言える、薬として飲むスープ(お茶)です。塩味のない野菜ブイヨンという感じの薄甘い味です。飲み物として飲みます。アトピー性皮膚炎や糖尿病、低血糖、癌やエイズに効くとされています。一日か二日に一度、小さなカップに一杯飲みます。

和風ポトフ食養療法対応

圧力鍋の威力を発揮できる一品。根菜も葉菜も、短時間で一気にやわらかジューシーです。最初にごま油で根菜や油揚げを軽く炒めるのがコツですよ! 純和風の味つけなのに、コンソメのような旨味があります。(普通の鍋での作り方はレシピ下部ワンポイントメモ参照)

小豆かぼちゃ食養療法対応

マクロビオティックの代表的な食養料理です。かぼちゃの優しい甘みにほっとします。腎臓病に効くとされています。私もこの小豆かぼちゃで腎臓の調子が良くなった経験があります。

ごぼう汁(具を油炒めした味噌汁)食養療法対応

毎日食べる、健康を維持・向上させる要の汁物。この汁において必須野菜である「ごぼう」をレシピ名に採用。生姜とともに野菜をごま油で炒めて、だし汁で煮て、味噌を溶き入れるだけの簡単レシピ。体が温まるし、とても美味しいんですよ。