マクロビオティック料理レシピ

りんごジャムレシピ

低糖りんごジャム

粗糖の量を極限まで抑えたヘルシーなジャムです。りんご本来の味が生きています。

個人的には、昔のモスバーガーのアップルパイに入っていたジャムの味に似ていると感じています。

入れるレモン果汁は、国産のものを生搾りして使うと風味が良いですよ!(砂糖抜きのリンゴジャムレシピはこちら)

(調理時間:一時間)

材料

※野菜は国産・有機栽培が前提
※リンク先で食材の詳細を説明しています。

  • 無農薬りんご(ジョナゴールド)…4個(800g)
  • 粗糖…100g
  • 国産レモン…1個(レモン果汁大さじ2)
作り方
  • りんごは皮をむいて縦四つ切りにする。芯をえぐり取ったら、四つ切りのりんごをそれぞれさらに縦二つに切り、5mm厚さの銀杏切りにしていく。レモンは果汁を絞る(一個分で約大さじ2程度になる)。
  • 鍋にりんご、粗糖、レモン果汁を入れ、強火で10分ほどへらでかき混ぜながら火を通していく。
    りんごジャム
  • 10分の強火期間が終わったら弱火にして、フタをしてさらに50分煮ていく。途中、焦げないよう、5分おきにフタを開けてヘラでかき混ぜるようにする。
    ↓10分経過後。
    りんごジャム
    ↓50分経過後。
    りんごジャム
  • ガラス瓶などに移して冷蔵庫で保存する。
ワンポイントメモ
  • 輸入物のレモンにはポストハーベスト(収穫後農薬)の危険性があるので、買うなら国産レモンを選びます。
  • りんごも、無農薬のものを使えれば最高です。(今回のレシピでは竹嶋有機農園の有機栽培りんご を使っています)
  • ジャム作りには、酸に強いホーロー鍋がおすすめ。私が使っているのは日本製(野田琺瑯)のNOMAKUキャセロールです。価格が手ごろで、軽く使いやすいですよ。
  • このレシピを印刷する