マクロビオティック料理レシピ

釜揚げうどんのニラキャベツあんかけのせ マクロビオティック料理

釜揚げうどんのニラキャベツあんかけのせ

熱々の釜揚げうどんに、生姜の風味がきいた野菜のあんかけをたっぷりとかけます。小麦粉の衣をつけた油揚げが旨味を吸って美味しい! ニラやキャベツがたくさん食べられますよ。夏の食欲増進メニューです。
(調理時間20分)
材料(一人分)

※野菜は国産・有機栽培が前提
※リンク先で食材の詳細を説明しています。

・乾うどん…100g
・ニラ…1束
・キャベツ…1/8玉
・しめじ…1パック
・油揚げ…1枚
・おろし生姜…小さじ1/2
ごま油…大さじ1

【調味料】
-醤油…大さじ1.5
-みりん…大さじ1.5
-…ひとつまみ(小さじ1/5程度)
-水溶き葛粉 …
葛粉:大さじ1、水:大さじ2
(葛粉がなければ片栗粉)

作り方
  1. ニラは3㎝幅、キャベツはざく切りにする。しめじは石づきを取ってほぐしておく。油揚げは油抜きをし、縦三等分にしてから幅1㎝に切り、薄力完粒粉大さじ1(分量外。なければ薄力粉)をまぶしておく。
  2. フライパンにごま油をひいて熱し、油揚げを焼き付けるように炒める。軽く焼き色がつけばしめじとキャベツを入れ、キャベツがしんなりしたらニラを加えて炒め合わせる。
  3. ニラに火が通れば醤油とみりんをあらかじめ合わせておいたものと塩で調味する。水溶き葛粉を回しかけ、おろし生姜を加えて軽く炒めたら野菜あんかけの完成。
  4. たっぷりの湯でうどんをゆであげ、水を切ったら皿に盛り、上から野菜あんかけをかけて食べる。
ワンポイントメモ
・すりゴマ、もみ海苔をかけて食べるとより美味しいですよ!
(2009.7.8)
このレシピを印刷する