マクロビオティック料理レシピ

長芋のとろとろアツアツお好み焼き マクロビオティック料理

長芋のとろとろアツアツお好み焼き

長芋が大量に入っているにも関わらず、絶妙なところでぎりぎり固まっている不思議なとろとろのお好み焼きです。しょうがとキャベツをたっぷり入れるのがポイント。醤油でさっぱりといただきます!
材料(二枚分)

※野菜は国産・有機栽培が前提
※リンク先で食材の詳細を説明しています。

【生地の材料】
薄力完粒粉…150g
(なければ薄力粉
・水…150ml
・長芋…1/2本(300g)


【具】
・しょうが…1/2袋(7㎝×7㎝大)※必須
・キャベツ…半玉※必須
・切り玄米もち…1個
・小ネギ…1/2袋
・イカ…刺身用2枚
・桜えび、もやしなど

作り方
  1. 大きなボウルに水を入れ、菜箸でかき混ぜる。次に薄力完粒粉を入れ、全体をかき混ぜる。
  2. 長芋をボウルの中におろし入れたら泡立て器でよくかき混ぜる(重たい生地だが頑張る)。
  3. 千切りにしたしょうが、キャベツ、イカ、1cm角に切ったもち、その他好きな具材を入れ、箸で大きく混ぜ合わせる。
  4. 油をひいてよく熱したフライパンに生地を流し込み、蓋をして中火で3分焼いたら、ひっくり返して、ふたたび蓋をして中弱火で9分焼く。
  5. お好み焼き マクロビオティック料理
    ↑しっとりつやつやの生地です。固めのもんじゃ焼きのような熱々の食感を楽しめます。

    お好み焼き マクロビオティック料理
    ↑醤油をつけて食べると美味しい!
ワンポイントメモ
・焼くときに必ずフタをするのがポイントです。

・ゴマ油で焼くと香ばしくて醤油との相性がより良くなります。

・好みで青のり、かつおぶし、有精卵マヨネーズソースなどかけても美味しい。
【関連レシピ】
キャベツたっぷり野菜お好み焼き
このレシピを印刷する