マクロビオティック料理レシピ

そばがき マクロビオティック料理

そばがき食養療法対応

桜沢如一著『新食養療法』にも、第一期食(マクロビオティックを開始してすぐの食事)として掲載されている一品。そばがきに塩をふり、長ネギと大根おろしを5グラムほど添えて食べるだけで、他に副菜もつけず一食として良いのだそうです。

桜沢氏からの信頼も厚い、日本の伝統的な食べ物です。そば粉さえあれば簡単に作れるので、ぜひお試しください!
(調理時間10分)
材料(一人分)

※野菜は国産・有機栽培が前提
※リンク先で食材の詳細を説明しています。

そば粉
・水…9勺(162ml)
作り方
  1. 小さめの片手鍋に水を入れて強火にかけ、沸騰したらただちに弱火にし、そば粉を一気に入れる。
  1. 弱火にかけながら、すりこぎで80~90秒ほど力強く練る。
    そばがき レシピ マクロビオティック料理
  2. 粉っぽさがなくなりなめらかな感じになれば火を消して、水で濡らした木べらでそばがきを一つにまとめる。(すりこぎや鍋肌にこびりついたそばがきもこそげ取る。)
  3. 別の鍋に湯を沸かし、その中でそばがきを30秒ほどゆで、器に盛る。上からゆで汁をかけ、完成。
    そばがき レシピ マクロビオティック料理
    ↑別鍋でゆでているそばがき。ゆですぎると固くなるので、30秒ほどで引き上げる。
ワンポイントメモ
・最後、別鍋でゆでなくても食べられます。その場合、ネッチリとした食感が楽しめます。ゆでるとややふんわりします。

・湯を張った器にそばがきを入れる利点は「冷めにくい」ということです。湯に徐々にそばの成分が溶け出るので、最後はそば湯のように飲むこともできます。(そば湯ほど濃くはありませんが)

・箸で一口分を切り分け、塩を軽く振って食べるとそばの香りを一番楽しめます。

・その他、醤油、わさび醤油、そばつゆ(長ネギ、おろし生姜など添えて)、そばつゆ+大根おろしも合います。

・一口分を海苔で包み、醤油をつけて食べる安倍川餅風が個人的にはお気に入りです。
そばがき レシピ マクロビオティック料理
【関連コラム】
初めての「そばがき手作り」体験記』 (2009.6.20)
このレシピを印刷する