マクロビオティック料理レシピ

油揚げとニラのジューシー餃子 マクロビオティック料理

油揚げとニラのジューシー餃子

香ばしさとコクを兼ね備えたマクロビオティック定番アイテム「油揚げ」を、餃子に詰めてみました。火を通してもボリュームが減りませんし、扱いも楽。調味料をよく吸ってジューシー。とっても美味しいですよ!
材料(24個分)

※野菜は国産・有機栽培が前提
※リンク先で食材の詳細を説明しています。

・油揚げ…250g
干し椎茸…3枚
・ニラ…1束
・キャベツ…250g
・ネギ…1本
・しょうが…1かけ
・餃子の皮…24枚
餃子の皮の作り方はこちら

【具の調味料】
-醤油…大さじ1.5
-…大さじ1.5
-…小さじ1/3
-ごま油…小さじ2
-胡椒…少々
●葛粉…大さじ1
(なければ片栗粉)
作り方
  1. 干し椎茸はあらかじめ水で戻しておく。油揚げは油ぬきをしておく。
  2. ニラ、キャベツはみじん切りにして塩を少量もみこみ、10分ほど放置して水分をきつくしぼる。他の材料もみじん切りにして、ニラ・キャベツと合わせる。
  3. 調味料と葛粉(片栗粉)を具に加え、よく混ぜたら、皮に包んでいく。
-焼き-
  1. フライパンを強めの中火で熱し、油をしいたら、餃子に焼き色がつくまで焼く。
  2. 熱湯を餃子の1/3の高さになるまで入れ、蓋をして中火で蒸し焼き。
  3. 水分がほとんどなくなったら蓋をはずして強火にし、水気を完全にとばす。最後に鍋肌から油を少々回し入れ、こんがり焼き上げて完成。酢醤油などお好きなタレをつけて召し上がってください。(タレとして、万能かけぽんドレッシングもおすすめです!)
ワンポイントメモ
餃子の皮の作り方はこちらにありますので、お時間があればぜひ餃子の皮も手作りしてみてください。
【関連レシピ】
ベジタリアンなキャベツ餃子
旨味抜群イカ餃子
このレシピを印刷する