マクロビオティック料理レシピ

かぼちゃときのこのとろみカレースープ マクロビオティック料理レシピ

かぼちゃときのこのとろみカレースープ

オーサワのカレールウ(粉末タイプ)使用推奨の、「ご飯なしで食べられるカレー」です。汁物の代わりに食べます。たとえばおにぎりと一緒に。きのこから旨味が たっぷり出て、かぼちゃの甘みもクセになります。「カレーをルウだけで食べるってどうよ??」という猜疑心を吹き飛ばす美味しさ!
(所要時間30分)
材料(七~八人分)

※野菜は国産・有機栽培が前提
※リンク先で食材の詳細を説明しています。

オーサワのカレールウ…1袋
・玉ねぎ…大3個(840g)
・かぼちゃ…1/2個(500g)
・しめじ…1パック(100g)
・えのきだけ…6袋(600g)
顆粒昆布だし…1袋(5g)
顆粒野菜コンソメ…1袋(5g)
・水…400ml
ごま油…大さじ1
作り方
  1. 玉ねぎは薄切り、かぼちゃは一口大に切る。しめじとえのきだけは石づきを取っておく。
  2. 大きめの鍋にごま油を熱し、玉ねぎがしんなりするまで炒めたらしめじとえのきだけを入れて炒め合わせる。きのこに火が通れば上にかぼちゃをのせ、水を入れて煮立たせる。
    かぼちゃときのこのとろみカレースープ マクロビオティック料理レシピ
  3. アクを取り、昆布だしと野菜コンソメを加えて混ぜたらフタをして弱火にし、かぼちゃに火が通るまで20分ほど煮込む。
  4. かぼちゃに火が通れば、オーサワのカレールウを水200ml(分量外)で溶いたものを加え、 軽く煮て完成。
ワンポイントメモ
オーサワのカレールウは「動物性原料・砂糖不使用」を謳う、あっさりした味わいのルウです。このあっさり具合が、 「ご飯なしのカレー」にはぴったりなのです。うちでは、このおやつカレーを作るときはオーサワのカレールウと決めています。

・完成したルウにゆでたブロッコリーを投入し、からめながら食べても美味しいです。

・えのきだけを大量に入れるのがポイントです。水分と旨味がたっぷり出ます。ズルズルッとした食感も汁物っぽさを演出してくれてgood。

(2009.10.19)
このレシピを印刷する