マクロビオティック料理レシピ

せり(芹)の上品おひたし マクロビオティック料理レシピ

せり(芹)の上品おひたし

春の七草の一つであるセリを、上品に味つけただし汁でいただきます。苦み走ったセリが、いかにも体に良さそう! 冬の間に蓄積された体の停滞物が、じゅわ~っと溶かされていくような感じがします。

醤油をかけて食べるおひたしも美味しいですが、こうしてだし汁にひたして食べるのも繊細でいいですね! セリの根は、時間があれば天ぷらにしてしまいましょう。
材料(二人分)

※野菜は国産・有機栽培が前提
※リンク先で食材の詳細を説明しています。

・セリ…75g(1束)
【汁】
-だし汁…100ml
-醤油…小さじ1/2
-…大さじ2
-…少々(小さじ1/5くらい?)
作り方
  1. セリは洗って、根を切り落とし、熱湯で1分ほど軽くゆでたらザルに上げる。流水にさらして水気をよくしぼったら、3㎝幅くらいに切る。
  2. 小鍋にダシ汁を張り、調味料を入れてひと煮立ちさせたら、自然に冷ます。
    せり(芹)の上品おひたし マクロビオティック料理レシピ
    ↑量が少ないので火からおろすとすぐに冷めてきます。
  3. 器にセリを盛り、上からだし汁をゆっくり注いで完成。汁とあえながら食べる。
ワンポイントメモ
・味の濃さは、塩の量で調節する。

・セリの根は立派なので、よく洗ってから天ぷらにすると良い。
【関連レシピ】
セリの根の天ぷら
このレシピを印刷する