マクロビオティック料理レシピ

ゴボウ汁(味噌仕立てのけんちん汁) マクロビオティック料理

ごぼう汁(具を油炒めした味噌汁)食養療法対応

毎日食べる、健康を維持・向上させる要の汁物。この汁において必須野菜である「ごぼう」をレシピ名に採用。

生姜とともに野菜をごま油で炒めて、だし汁で煮て、味噌を溶き入れるだけの簡単レシピ。体が温まるし、とても美味しいんですよ。 (調理時間一時間半)
材料(四食分)

※野菜は国産・有機栽培が前提
※リンク先で食材の詳細を説明しています。

・ゴボウ(必須)…200g
・生姜(必須)…1かけ
昆布(必須)…40g(10㎝角4枚)
・にんじん(必須)…100g
・玉ねぎ(必須)…400g
・小松菜(必須)…200g
・しめじ(必須)…2パック(200g)
・かぼちゃ(必須)…200g
干し椎茸(推奨)…四枚
・油揚げ(推奨)…50g
(その他、季節に応じて好きな野菜何でも。大根もおすすめ)
【調味料】
-味噌…適量
・昆布だし汁…適量
ごま油…小さじ2程度
作り方
  1. ゴボウは斜め薄切り、生姜は粗みじん切りにする。その他の野菜も食べやすい大きさに切る。小松菜は下ゆでして切り、別の皿に分けておく。
  2. 鍋にごま油を入れて熱し、生姜と根菜を入れて炒める。油が全体になじんだら他の野菜(小松菜以外)も入れてざっと炒める。
  3. だし汁を、野菜がひたひたになるくらいに注いで火を強めて煮立て、アクを取る。昆布を割り入れてフタをして、弱火にして野菜が柔らかくなるまで煮込む。(50~60分)
  4. 野菜が柔らかくなったらゆでておいた小松菜を加えて軽く煮、味噌を溶き入れて完成。
(2007.11.30)
ワンポイントメモ
かぼちゃを入れると甘みが増して美味しくなります。入手が難しい季節は仕方ないですが、できるだけかぼちゃを具に加えることをおすすめします。(2011/11/17:かぼちゃを推奨具材から必須具材に変更しました。)

・かぼちゃが手に入らないときは、北海道産有機冷凍かぼちゃ詳しいレビューはこちら)の使用をおすすめします。

・陽性の強いメニューです。寒い季節や体が冷えたときにぴったりです(逆に夏場は苦しいかもしれません)。

・ビタミンD摂取のため、きのこ類は必ず入れてください。干し椎茸も入れられればベストです。

・さっぱりさせたいときはキャベツを多めに入れてみてください。

・小松菜は煮すぎると色あせるので、下ゆでしたものを後で加えるようにしています。

・桜沢氏の推奨する基本食に「具を油炒めした味噌汁」(『新食養療法』p.50)というものがあります。このゴボウ汁はそれに適ったものだと思いますので、毎日の食事に自信を持っておすすめできます。

・(2009.1.28追記)具を油炒めすることで、ただ煮るだけよりも陽性(油は熱すると水より熱くなるため)になり、陰性の症状により効果が出てくるのではないかと個人的には考えています。ただ、食べてみて、あまりに暑苦しい感じがしたときは、油炒めしない方が体に合っているということかもしれないので、炒めず味噌汁にしてしまってください。

・たっぷり作って余れば、鍋を水につけたりフタの上に保冷剤をのせるなどしてなるべく早く冷まして、鍋ごと冷蔵庫で保存してください。四日~五日間は食べられます。(温めるときは、食べる分だけ小鍋に出すと良いです。)

・このごぼう汁と鉄火味噌おにぎり、たくあん1切れ(15g)、納豆1パック(40g)を一食分とし、一日に二回食べると、栄養学的にも満点の献立となります。

(詳しくはマクロビオティックQ&A実践編『栄養学からも検証済み! 失敗しないマクロビオティック献立は?』参照)
このレシピを印刷する