マクロビオティックQ&A素朴な疑問編

家族の同意を得られません

マクロビオティック料理の体への効能を説きながら、短期間でも試したいとお願いしてみる。理論を書いた本を読んでもらうのも良い。家族の好みに合わせながら、少しずつ食生活を変えていく。

せっかくマクロビオティックを始めようと思ったのに

マクロビオティックを知り、実践してみたいと思っても、ご家族が良い顔をしない場合があるかもしれません。

たとえば、「玄米が口に合わない」「肉や魚がもっと食べたい」など。

食が健康に及ぼす影響をあまり考えずに育ち、好きなものを好きなだけ食べてきた人には、確かにマクロビオティック的な食事は物足りなく感じられるかもしれません。

好物を突然取り上げられたような怒りを感じる方もいるでしょう。

今まで良いと思って食べてきたものを、あるとき急に「ダメ」と言われるのは腹立たしいものです。自分が否定されたように感じ、悲しくもなるものです。

良さを訴え、お願いしてみる

そんなとき、すぐに受け入れてもらうのは難しいかもしれません。けれど、諦めて折れてはいけません。人は、納得さえできれば、抵抗を感じず実行に移せるものです。

少しずつでも、玄米や、マクロビオティック的な和食の良さを伝えましょう。マクロビオティックの理論を説いた本を読んでもらうのも良いかもしれません(『久司道夫のマクロビオティック入門編』が、栄養学的な解説もあってわかりやすいです)。

それと同時に、皆に健康で楽しく暮らしてほしいこと、マクロビオティックの食事でそれが実現できること、ぜひ試してみたいということを伝えましょう。

「米の炭水化物を代謝するのに必要なビタミンB1が、玄米には元々入っているんだよ」

「植物性のものだけでも栄養は足りるんだよ! たんぱく質は豆や穀物から摂れるし、カルシウムは昆布や小松菜で摂ればいいんだよ」

「食べ物で病気が治るならお得じゃない? ちょっと、一ヶ月でもいいから試してみたいんだけどな」などなど。

地道に基礎固めをしてゆるやかな変化を待つ

家族が求めれば、肉や魚のおかずも出せば良いと思います(その際、なるべく安全なエサで育てられたものを選びましょう)。いきなり玄米ご飯が難しいのなら、胚芽米雑穀を混ぜたり、そんなところからスタートするのも良いと思います。

でもその裏で、調味料を良いものに変えたり食材を国産、無農薬、無添加のものに切り替えたり、地道に基礎固めをしましょう。

そうしているうちに、自然とご家族の陰陽バランスもととのってきて、良いものを求める体になってくるはずです。きっと、体調に良い変化も現れるでしょう。

その頃になれば、「マクロビオティックってけっこういいものかもしれない」と感じるようになっているはずです。

焦らず、しかし少しずつじわじわと。雨だれ石をうがつです。一年計画くらいでいきましょう。あなたの情熱はきっとご家族に伝わります。

次項:体重が落ちすぎてしまったという方へ

次項体重が落ちすぎてしまいましたでは、マクロビオティックで体重が病的に落ちてしまった方へのアドバイスをしたいと思います。