旅行でキャリーバッグ(プロテカのソリエ)を初めて使ったら、ボストンバッグに比べかなり体が楽

金沢・福井旅行」のために昨年の5月に購入したキャリーバッグ(プロテカの「ソリエ」)。↓

プロテカ ソリエ 27

↑それまでボストンバッグで通してきた私にとっては初・キャリーバッグで、一体どんな使い心地なのか興味津々だったのですが、結果としてはボストンバッグに比べ体にかかる負担がかなり軽減されたと思います。

総合的にかなり楽!

まず、屋内の通路。これは、かなりスムーズです。特に、デパート内や空港内など、ツルツルした滑らかな床では本当に抵抗なく、スーッとバッグを動かすことができます。

普通のアスファルト道路では、やや凹凸が増えるため滑らか度が減りますが、それでも力をほとんど必要とせず走行可能。

地面の凹凸が増えれば増えるほど車輪が重たく感じ、「ゴーッ」という走行音も大きくなります。

また、カーペットの上もやや重たく感じます。

点字ブロックの上などを横切らなければいけないときはさすがに車輪にかなりの抵抗を感じ、腕の力でややバッグを浮かせ気味にして走行しました。

キャリーバッグはどんな道でも楽々……というイメージがあったので、スムーズとばかりはいかない場面もあることがちょっと意外ではあったのですが、それでも、四六時中重たい荷物を肩にかけて歩くよりは総合的にとても楽でした。

キャスターストッパー

また、私は、キャリーバッグを選ぶ際に「キャスターストッパー付き」というのを重視したのですが、これは本当に良かったです!

プロテカ ソリエ キャスターストッパー

↑これは、電車内で座席に座っているところ。電車の床はツルッツルなので車輪がとても動きやすいのですが、キャスターストッパーをONにするとこれがピタッと動かないので、リラックスして乗車していられました。

駅のホームでベンチに座って電車を待っているときも、キャスターストッパーを効かせていると安心できました。

プロテカ ソリエ キャスターストッパー

↑また、こちらはホテル日航金沢の前で撮影したものですが、赤い円内に私のキャリーバッグが写っています。

プロテカ ソリエ キャスターストッパー

↑上に、母の手提げバッグが載っています。旅行中はずっと、こうしてキャリーバッグの上に母のバッグを載せて移動していました。このように、ちょっとした荷物だったら、上に載せて一緒に持ち運べるのも利点です。

キャリーバッグの注意点

注意点があるとすれば、これはソリエに限ったことではなくキャリーバッグというもの全般について言えるのですが、エスカレーターが怖いということでしょうか。

キャリーバッグの車輪が段を踏み外すと大変なので、エスカレーターに乗る際はかなり慎重にタイミングをはからなければなりません。

怖いので、旅行中、エスカレーターは一度しか利用せず、あとはすべてエレベーターを使いました。

また、ボストンバッグと違い、バッグ自体に重さ(2.8kg)がすでにあるので、荷物をパンパンに入れるとけっこうな重量になることにも覚悟が必要です。

電車の乗り降り時にはどうしても一瞬、キャリーバッグを持ち上げなければいけません。そのときは「うわっ、重たい!」と思いました。

もう少し大きいものでも良かったかも

「27L」というサイズについてですが、これは、「一人用の二泊分」には十分だと感じました。今回は母の分も荷物を入れたのですが、それだと少し入りきらないものが出て、その分だけ、母が別途ボストンバッグで持つことになりました。

「27L」は小ぶりで機内持ち込みもOKですし、身軽に行動するにはとても良いのですが、母の分の荷物も入れることを想定すると、もっと大きいものを買った方が良かったかなと思っています。

購入時、そこまで気が回っていませんでした。

今だったら、「27L」ではなく「45L」を選ぶかもしれません。

でも、もう「27L」を購入してしまったので、それはそれで適応して、大事に使っていきたいと思います。

気に入った

小分けポケットも便利で、シンプル、かつ丈夫なプロテカの「ソリエ」。奮発した甲斐のある良いキャリーバッグです。

落ち着いた見た目で、高級感があり、ジーパンにも合うけれどフォーマルな出で立ちの母が持っても似合うというのが気に入りました。今後も末永く使っていけそうです!

スポンサーリンク

フォローする

関連記事

プロテカソリエ

旅行用にキャリーバッグ(プロテカのソリエ)を買った~キャスターストッパー付き日本製

10月に予定している福井旅行のために、ソフトキャリーバッグを買いました。キャスターストッパー付き、日本製、四輪などの条件を満たしたのがプロテカのソリエ。

記事を読む

べにや

北陸旅行の計画を立てる~宿の第一候補は芦原温泉「べにや」

二年後、母の定年退職に合わせて福井県への旅行を計画しています。今回の旅では、母の、一生に一度は豪華な温泉旅館に泊まりたいという夢を叶えようと思っています。今目をつけているのは芦原温泉の旅館「べにや」。

記事を読む

スーパー先得

JAL(飛行機)のスーパー先得を狙ったが予約開始と同時に満席

母の退職記念旅行のため、航空券を予約することに。狙うのは、JALの最もお得な「スーパー先得」。予約開始直後に突撃してみたのですが……。

記事を読む

ICレコーダー

旅行時、夕飯の詳細記録のためICレコーダー購入を決める~結果、かなり役立った

今秋予定している旅行で泊まる旅館は、夕食時にお品書きがないのだそうです。詳細に記録を取りたいのですが、メモ書きには限度があるのでICレコーダー購入を決定。

記事を読む

カブッキー

小松空港のポリ袋に描かれていた行者姿のキャラクターは弁慶がモデルの「カブッキー」と判明

金沢・福井旅行の帰り道、小松空港でもらったポリ袋に謎の人物が描かれていて疑問でしたが、弁慶をモデルとしたキャラ「カブッキー」と判明。

記事を読む

焼き豚

北陸旅行で、小松空港にて父に買ったお土産~炭火焼き豚と純米酒「神泉」

「金沢・福井旅行」のお土産で、父のために買ったのが、石川県小松市内で製造された「焼き豚」と「神泉(純米酒)」。どちらも好評でした!

記事を読む

イグジフ

旅行記を書いていて、デジタルカメラ内のExif(撮影日時などの情報)がずれていたことに気づく

「金沢・福井旅行記」を書いている際、写真の「Exif」を頼りに旅行中の行動時間を把握していたのですが、記録された時刻が実際のバス乗車時刻と異なっていることに気づきました。

記事を読む

金沢物産展

金沢物産展のチラシで、ホテル日航金沢レストランの店員さんを思い出す

西武旭川店で金沢物産展が開催されています。そのチラシを見て、昨年の金沢旅行時、ホテル日航金沢内レストランでお会いした店員さんのことを思い出しました。

記事を読む

海石塔

兼六園の「海石塔」がテレビに大きく映ってびっくり~名物「ことじ灯籠」と間違えて撮った塔

金沢・福井旅行で兼六園に行った際、有名なことじ灯籠と間違えて「海石塔」を撮り、そのまま帰ってきてしまいました。あちゃーと思っていたのですが、テレビに海石塔が!

記事を読む

あらや滔々庵

北陸旅行の内容をまとめたサイト「金沢・福井旅行記」開設のお知らせ

2014年10月29日から二泊三日で行った北陸旅行の内容を「金沢・福井旅行記」というサイトにまとめました! 石川県山代温泉の「あらや滔々庵」、金沢「兼六園」など。体調面がかなり波乱含み!

記事を読む