歯がツルツルになると評判の「キスユーイオン歯ブラシ」を試してみた

私は、「歯ブラシを取り替えるタイミング」でも書いたように、「プロスペック 歯ブラシ」を20年以上愛用しています。↓

↑小回りがきいて歯のすみずみまで磨けるし、ツルツルにもなるので気に入っていて、今後もずっと使うつもりではあるのですが、以前からちょっと気になっていた別の歯ブラシがありました。

それがキスユー イオン歯ブラシ

電池内蔵で歯がツルツル?

歯ブラシに電池が内蔵されているそうで、電動歯ブラシなのかと思いきやそうではない様子。

アットコスメ(美容品口コミサイト)では、とにかく、「歯がツルツルになる」というレビューが多いです。

う~ん。電池内蔵というところが気になる。どんな使い心地なんだろう……。↓

キスユー フラットスリム

↑……というわけで、思い切って買ってみました! キスユー イオン歯ブラシ フラットスリム

通販では色は選べず、二本買ったらピンクと水色が送られてきました。

キスユー フラットスリム

↑アットコスメ「歯ブラシ・デンタルフロス部門」第一位というシールがちゃんと貼ってあります。

独特な使用方法

キスユー フラットスリム

↑パッケージの後ろに使い方が書いてありました。なになに、「金属板に指か手のひらが触れるように握る」……?

キスユー フラットスリム

↑金属板。柄の中ほどにある、これですね。

歯がツルツルになる仕組み

キスユー フラットスリム

↑さらに、一番の謎だった「歯がツルツルになる仕組み」が書いてありました。

歯と歯垢と唾液の結合を、歯ブラシから出るマイナスイオン(微弱電流)がバラバラにして、歯との結合がゆるんだ歯垢を歯ブラシでこするとよく落ちるという寸法らしい。

なるほど、その「マイナスイオン(微弱電流)」を発生させるために電池が必要なわけね。

電池の寿命一年

キスユー フラットスリム

↑内蔵電池は取り替えられず、寿命は一年。電池の残量は、歯ブラシについている「チェッカーボタン」を押すことで確かめられる。

キスユー フラットスリム

↑押してみるとピカッと赤く光りました。うむ、残量は十分のようだ。

一体、どんな磨き心地なのか……。

苦戦

早速その日の夜に使ってみたのですが、最初からやや苦戦!

「金属板」に触りながら歯を磨くのが難しいのです!

あまり意識していなかったのですが、どうやら私は歯ブラシの柄のだいぶ先端近くを握る癖があるようで、金属板に触るためにはその慣れた位置だと届かず、かなり前の方を握らなければいけません。

それが疲れる!

そして、歯ブラシのヘッドが、いつも使っているもの(プロスペック 歯ブラシ)より大きめで、小回りがききにくい。

まあ、20年以上同じ形の歯ブラシを使ってきたのに、急に変えたので慣れないのも仕方ありません。

二の腕に軽く筋肉痛を引き起こしながら磨き終え、口をゆすぎました。

すると……。

……ん?

舌で歯の表面を触ってみると、確かにツルツルしている!

いつも歯磨きを終えればツルツルになるのですが、いつものツルツルをさらに磨き上げたようなツルツル感があるかも。

いつもが100%のツルツル感だとすれば、この歯ブラシは102%のツルツル感??

そのくらいの差はあるような気がしました。

口腔内がかなりサッパリしたのは事実です。

朝もスッキリ

しかし、歯ブラシの真価が問われるのは。磨いた直後は良くても、寝ている間にどうなるか……。

そんな疑念を抱きながら眠り、翌朝、目覚めた私はすぐに口の中をチェックしてみました。

すると、スッキリした状態がほぼ保たれている!

これは本当に前夜の歯磨きが上手にできた(歯垢の除去率が高かった)証拠ですね。気持ち良かったです。

母も、「プロスペック 歯ブラシ以外でこんなにツルツルになる歯ブラシは初めてだ」と気に入ったようでした。

ヘッドがやや大きめだったり、柄が握りにくいなど気になる点はありますが、なかなか良いです。

毛先が開けば、安価な替えブラシで、本体はそのままにブラシ部分だけを取り替えることが可能なのも経済的で良いなと思いました。

今後、いつもの歯ブラシと交互に使っていこうかな? と思います。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事

キスユー

キスユーイオン歯ブラシの「替えブラシ」装着作業に初挑戦

サブ歯ブラシとして使ってきた「キスユーイオン歯ブラシ」は、本体に電池内蔵で、ブラシ部分だけ取り替える仕組みになっています。この作業に初挑戦!

記事を読む

歯ブラシ

十年前に買った未使用歯ブラシを発掘~使ってみたが劣化を感じる

長年手つかずだった収納を整理したところ、おそらく十年以上前に買った未使用の歯ブラシを発掘しました。使ってみましたが、どうもブラシが劣化しているようで……。

記事を読む

プロスペックプラス

歯ブラシを取り替えるタイミング~毛先が開いてからでは遅い?

私は今まで、「一ヶ月に一度」という一般的に言われる目安ではなく「毛先が開いたら」という目安で歯ブラシを取り替えていました。しかし、そのやり方がついに通用しなくなるときが訪れました。

記事を読む

歯磨き 適量

歯磨きの適量は「歯ブラシに1cm」で正しい?

歯ブラシ全体に歯磨きがのせられている広告写真を見た母が、普段の我が家の歯磨き使用量(1cm)が少なすぎるのではないかと騒ぎだしました。

記事を読む

アバンビーズ

スースー感の強い歯みがきを使いたくて、アバンビーズのワイルドミント味を試してみる

乳酸菌入りアバンビーズ(シトラスミント味)を去年から使っているのですが、もう少しスースー感が強いものも試したくてワイルドミント味を買ってみました。

記事を読む

ドルツ

旅行用に、携帯型ドルツ(歯間清掃用ジェットウォッシャー)を買う

母も気に入って使っている「ドルツ」。母から旅先でも使いたいという要望があったため、携帯型のドルツを買い足すことにしました。けっこうな水流の強さにびっくり。

記事を読む

ドルツ

ドルツ(ジェット水流式口腔洗浄機)で母の歯茎の浮いた感じが改善

私は虫歯予防のため、2008年から「ドルツ」というジェットウォッシャーを使っています。歯茎が浮いて噛めないと訴えていた母が、これを使って噛めるようになりました。

記事を読む

三角ようじ

歯科医がすすめるデンタルピック「三角ようじ」なるものを入手~歯肉を痛めず歯垢を除去

ネットショップで買い物をしたら、おまけについてきた見慣れないもの。「三角ようじ」という、断面が三角形の楊枝で、父に使ってみてもらったところ「食べかすがよくとれる」と好評でした。

記事を読む

ドルツ ノズル

歯周病予防「ドルツ」のノズルが不調~替えノズル購入で蘇る

パナソニックの口腔用ジェットウォッシャー「ドルツ」のノズルが、このところ、「スイッチを入れていないのに水が出る」という不調に陥っていました。そこで初めて替えノズル購入!

記事を読む

デンタルホワイト

真珠、サンゴパウダーが配合されたゴージャス歯磨き「デンタルホワイト」はさっぱりと使いやすい

母が、市内の自然食品店のキャンペーンでもらってきた自然派歯磨き「デンタルホワイト」。海塩が入っていて歯茎に良さそう。さっぱりとして使いやすいです。

記事を読む