ウォーキングマシン運動を継続できる速度は?~時速3.3kmだと膝が痛いので時速3kmに

ウォーキングマシンを購入して毎日歩く中で、重要になってくるのはその速度

運動効果をより高めたいならば早足の方が良いのだろう。しかしあまり早足すぎても転びそうで落ち着けない……というわけで、当初、「早足とまではいかないけれどちょっとせかせかした感じ」の「時速3.3km」で歩いていました。

けれど、この「時速3.3km」。運動強度としては良さそうなのですが、15分歩き終えた頃には膝がちょっと痛い

いくら筋肉が鍛えられても、関節を傷めるのでは意味がないよなあ……。と思い、スピードダウン。

時速3kmで

ウォーキングマシン SB1200

「時速3km」でおこなうことにしました。

「時速3km」は、リラックスしながら散歩しているときくらいの速度。筋肉を鍛えるにはやや物足りないかもしれないのですが、体に無理がかからないのが良いです。

やはり運動は、継続できて初めて効果が出てくると思います。そのためには、「ちょっとゆるすぎかな?」と思えるくらいの内容でも良いから、まずは「続けられる程度の負荷」を選ぶのが大事だと思います。

ですから、私はゆっくり「時速3km」から! 慣れてきて、可能であれば少しずつ速度を上げていきたいと思います。

ひとまず、一日も休まず一ヶ月継続するのが目標です!

追記:いまだに時速3㎞

2017年追記:2014年の時点で「可能であれば少しずつ上げていきたい」と言っていた速度

いまだに、時速3㎞です!

ウォーキングマシンに「3km」というボタンがあって、それを押せば一発で設定できる速度なので、簡単で、つい「3km」にしてしまいます。

あと、時速3㎞って、運動強度として本当にゆるやかで、体に負担がかからず楽。

それでも、15分歩き続けた頃には、体がぽかぽかしてくるくらいにはなる。

このくらいが、私にとっては、継続するのにちょうど良いようです。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事

ウォーキングマシン 酔う

ウォーキングマシンで乗り物酔い~時速を徐々に落として停止させると大丈夫

ウォーキングマシンで15分歩いて地面に降りると乗り物酔いの症状が発生! 急に止めるからだと思い、徐々に速度を落として体を慣らしてから止めることにしました。

記事を読む

ウォーキングマシン

疲れにくい体を作る「インターバル速歩」(早歩きを混ぜる)をウォーキングマシンで試してみた(ためしてガッテン)

NHKためしてガッテンで紹介された「インターバル速歩」(早足とゆっくり歩きを混ぜる)というトレーニング方法をウォーキングマシンで試してみたら、けっこう大変でした! 自分に合ったやり方を探します。

記事を読む

ペダラ

靴下のままウォーキングマシンを使ったら足首が痛くなったのでウォーキングシューズを履く

先日購入したウォーキングマシン。靴下で歩いていたら、足首が痛くなってきました。そこでウォーキングシューズを履いて歩いてみたところ、これがすごく良い! 楽!

記事を読む

ウォーキングマシン

ウォーキングマシン購入を決める~歩くのに必要な筋肉を鍛えるため

踏み台昇降を毎日続けて二年以上。踏み台昇降だけでは鍛えきれない「歩くのに必要な筋肉」を鍛えるため、ウォーキングマシンを購入することにしました。

記事を読む

ウォーキングマシン

ウォーキングマシンが届いた!~音が静かでベルトも長く歩きやすい

一ヶ月前に注文したウォーキングマシンがやっと届きました! 快調に使えています。付属の床保護マットに載せた状態でフローリング上をスルスル動かせるのも良い!

記事を読む

トレーニングで筋力アップ

室内(自宅)でできる簡単な筋力トレーニングで体力アップ

長い療養生活で落ちてしまった筋力を取り戻すべく、一ヶ月ほど前から室内でできる軽い運動を少しずつ始めています。

記事を読む

ラジオ体操で、長期療養のためなまってしまった体を活性化

長期間の療養生活で体がなまったので、ゆっくりテンポのラジオ体操から運動再開です。

記事を読む

ステップウェルに傾斜

スネの筋肉を鍛えるため、踏み台の下にブロックを入れて傾斜をつけてみたら運動量大幅アップ!

スネの筋肉を鍛えるため、踏み台の下にブロックを入れて傾斜をつけてみました。運動量が格段にアップしました!

記事を読む

踏み台昇降 ステップウェル

踏み台昇降を一日15分実践して一年半~体力がだいぶついてきた

一日15分間の「踏み台昇降」運動を行っています。回転性のめまいが改善され、体力もついてきました!

記事を読む

【ぶら下がり健康器】手のマメ防止にトレーニンググローブ購入~手の痛み軽減、マメも治った

ぶら下がり健康器に素手でぶら下がると手のひらが痛い&マメができるので、これを防止するためにトレーニンググローブを購入しました。軍手と二枚重ねすることでより効果アップ。

記事を読む