金目鯛の干物を取り寄せる~凍ったまま身から焼くのがコツ

シェアする

録画してあった番組を居間で見ていた母が、急に「これが食べたい」と騒ぎ始めました。

行ってみると、画面に映し出されていたのは……。↓

金目鯛の干物
(画像出典:2014年5月19日放映 HBC「わたしの何がイケないの?」)

金目鯛の干物

「静岡の名産らしいのに、静岡出身である自分は一度も食べたことがないから食べてみたい」と母。

というわけで、「鯛の浜焼き」を注文してからあまり間も空いていませんが、「金目鯛の干物」、頼んでみることにしました。

静岡県からお取り寄せ

金目鯛の干物

↑金目鯛の干物を扱っているお店はたくさんあって、迷いましたが、結局静岡県のコパンというセレクトフードショップから取り寄せました(伊豆中というお店の干物です)。

・国産の金目鯛であること
・海洋深層水から作った自然塩を使っていること

が決め手になりました。

身に旨み

金目鯛の干物

↑発泡スチロールを開けると、凍った干物がどーんと五枚入っていました。大きさは、一匹24㎝ほど。

金目鯛の干物

凍ったままの干物をフライパンにのせ、強火で熱し、フライパンが熱くなればやや弱めの中火にして、フタをせずに15分ほど。身に焦げ目がついたらひっくり返して、さらに5分ほど焼きます。

金目鯛の干物

↑焼き上がりはこちら! たっぷりの大根おろしとともに食べました。身に旨みがあり、とても美味しかったです!

母も、「身が詰まっていて、食べ応えがあって美味しい」と故郷の味を喜んでいました。

凍ったまま焼くのがコツ

ちなみに、干物の焼き方ですが、ネットで調べたところ「凍ったまま焼く」「解凍してから焼く」「皮から焼く」「身から焼く」と諸説入り交じっており、どれが良いのかわからないのですべて試してみたところ、「凍ったまま身から焼く」のが一番美味しいという結論に至りました。

特に「凍ったまま」というのは大事なポイントだと思います。旨みのある水分が閉じこめられ、ジューシーに焼き上がりましたよ! 解凍してから焼くと、仕上がりがパサつきました。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事

あたりめ

あたりめは胃の中で十倍にふくれるから、食事前に食べない方が良い

夕飯前にお腹が空いて、少しあたりめを食べました。そしたら、妙に満腹になってしまい、味噌汁が入らない! 調べると、あたりめは消化管で十倍にふくらむと判明。道理で……。

記事を読む

ツナサンドのツナマヨはペースト状になるまでよく混ぜると美味しいと聞き挑戦~コンビニの味に近づいた【ツナマヨレシピ】

ツナサンドの具に使うツナマヨはペースト状になるまでよく混ぜると美味しいと聞き、ボウルで5分間、ツナの形がなくなるまで混ぜてみました。すると、コンビニツナサンド風というか、プロっぽい味に!

記事を読む

糠さんま

「糠(ぬか)さんま」を食べてみた~脂がよくのっている!【天日塩使用】

以前食べた「糠にしん」が美味しかったので、次は「糠さんま」を試してみることにしました。さすがさんまなだけあって、脂ののりがすごいです!

記事を読む

鯛の浜焼き矢野鮮魚

「鯛の浜焼き」を今治から取り寄せてみた~噛めば噛むほど味が出る

母が、ニュース番組で紹介されていた「鯛の浜焼き」を食べたがったため、一ヶ月ほど迷ったあげくお取り寄せ。高価だったけれど、その分間違いない美味しさ!

記事を読む

鯛の浜焼き 吸い物

【レシピ】「鯛の浜焼き」のお頭と骨を煮出してお吸い物を作る~濃いダシが出ていて美味しい!

「鯛の浜焼き」で残ったお頭と骨を煮出してお吸い物を作ってみました。濃いダシがとても美味しい! すだちを絞るとまた格別!

記事を読む

タイマー

キッチンタイマーの「ストップウォッチ機能」で鮭の焼き時間を計りたかったのに操作方法がわからず失敗

生鮭の正確な焼き時間を計るため、キッチンタイマーのカウントアップ(ストップウォッチ)機能を使おうと思ったら、一度もストップウォッチとして使ったことがなかったために操作方法がわからず…。

記事を読む

糠にしん

糠にしんの腹に詰まった糠を洗い流し忘れたまま焼いてしまった~結局最後にお湯で洗う

「糠(ぬか)にしん」は表面の糠を洗い流してから焼くのがポイントなのですが、魚の腹に詰まった糠を流し忘れたまま焼いてしまい、結局、最後にお湯洗いすることに。

記事を読む

国産うなぎ「五匠鰻」の蒲焼きをガッテン流の焼き方で食べた!~身が緻密、フワトロ【抗生物質・抗菌剤不使用】

鹿児島県産、無投薬うなぎの「五匠鰻」、届いたので、ガッテン流「調理済みのかば焼きを美味しくする方法」で焼いて食べてみました。身が緻密でとっても美味しい~!

記事を読む

笹かまぼこ定食

【サイト開設7周年記念】仙台から取り寄せた笹かまぼこ(無添加)の生姜焼き

2015年12月5日、マクロビオティック羅針盤の開設7周年記念に、笹かまぼこの生姜焼き定食を作りました。使ったのは、この日のために仙台から取り寄せた無添加の笹かまぼこ「大漁旗」です!

記事を読む

大漁旗

【笹かま1】無添加の大判笹かまぼこ「大漁旗」は、滑らかで刺身に通じる感激の美味しさ~仙台からお取り寄せ

サイト開設記念日のために取り寄せた笹かまぼこ「大漁旗」。保存料、たんぱく、卵白、化学調味料等一切無添加で、すごく滑らか。魚の旨味が味わえる逸品。美味しいです!

記事を読む