静岡銘菓・やまだいちの「安倍川もち」が無添加・国産原料・甘さ控えめで美味しい【安倍川餅1】

シェアする

静岡に住む伯母(母の姉)が、静岡県銘菓・やまだいちの安倍川もち(静岡駅限定バージョン)を送ってきてくれました。↓

やまだいち 安倍川餅

国産原料

やまだいち 安倍川餅

↑新幹線の形をした箱に入っています。

やまだいち 安倍川餅

↑一箱に四つの個包装。

やまだいち 安倍川餅

↑原材料はこちら。安心の無添加です。

「国産」との表記は「もち米」にしかなかったので、まさか小豆や大豆は外国産なのか? と少し怖くなりましたが、公式サイトによると大豆や小豆も国産のものを使っているとのことで一安心。

きなこつき

やまだいち 安倍川餅

↑個包装を開けるとこんな感じ。きなこと爪楊枝が添付されています。

やまだいち 安倍川餅

↑あんこもち一個と、きなこ餅二個。

早速食べてみたところ……おっ? 思ったより甘くなくて食べやすい!

あとでまぶしたたっぷりきなこが香ばしく、美味しいです!

渋い煎茶がよく合う! あっという間に三個をたいらげてしまいました。

安倍川餅は静岡生まれ

この機会に少し調べてみたところ、安倍川餅って、江戸時代に駿河国(静岡)で生まれたものだったんですね。(参考:wikipedia

静岡は母の生まれ故郷なので、祖母が生きていた頃は毎年遊びに行っていたのですが、その際、取り立てて「安倍川餅」を食べることはありませんでした。

今度静岡に行くことがあったら、茶店でぜひ本場の安倍川餅を食べてみたいです!

(追記:二年後、別のお店(松柏堂)の安倍川餅を取り寄せて食べてみました! やまだいちより甘めだったかもしれません。)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事

松柏堂の「あべ川餅」~歯ごたえしっかり、きなこを追加でまぶして食べると美味【安倍川餅2】

静岡に住む親戚から以前安倍川餅を送ってもらって美味しかったので、別の店から新たに取り寄せてみました。小豆、餅米、きな粉、すべて国産。たっぷりの量でお腹いっぱいです。

記事を読む

熊野本宮釜餅

熊野本宮「釜餅」は、あんこが抜群の美味しさ!

熊野本宮「釜餅」という、つぶあんをもち米の薄い衣で包んだ餅を取り寄せました。手作りで丁寧に作られた、とても美味しい餅でした! あんこが甘すぎず美味しい!

記事を読む

翁屋のあんこ菓子「菓音」(カノン)~小豆たっぷり粒あんで餅と栗を包む【北海道産の有機栽培小豆】

お気に入り和菓子「六花の精」を注文しているお店で、初めて別の和菓子を買ってみました。「菓音」(カノン)は、和菓子でここまで甘さ控えめで良いのかというくらい薄い甘さのあんこが美味しい。

記事を読む

栗大福「六花の精」は、北海道産有機栽培小豆と茨城県産の栗使用で大満足の美味しさ

美味しそうな無添加の和菓子はないかとネット上を探していたら、「六花の精」という栗大福を発見。なんと、あんこに北海道産有機栽培小豆使用とのこと。すごく美味しくて満足感が高い!

記事を読む

【大福】冷凍あん餅を取り寄せ~自然解凍でふわふわ。甘さ控えめ粒あんが美味【無添加】【佐賀県産もち米】

佐賀県産もち米100%使用の冷凍大福を取り寄せました。小豆は北海道産。自然解凍でふんわりシコシコ! 甘さ控えめ粒あんが美味しい!

記事を読む

梅が枝餅

福岡の太宰府名物「梅が枝餅」を取り寄せる~美味しい上に無添加で国産原料使用

サイト開設6周年記念祝いのために福岡から取り寄せた「梅が枝餅」(焼いた大福)。美味しいのはもちろん、その原材料も素晴らしい! リピート決定!

記事を読む

おいしいまんじゅう

わかさいも本舗「おいしいまんじゅう」は本当に美味しかった~小豆、小麦粉が北海道産。化学調味料が惜しい

わかさいも本舗「おいしいまんじゅう」。あんこの「小豆」も皮の「小麦粉」も北海道産というこだわりっぷりで、その名の通り美味しかったです。化学調味料が惜しい。

記事を読む

翁屋の最中(もなか)「きぬの夕月」は、皮サックサクで粒あんぎっしり~さすが「おとりよせネット和菓子部門第一位」

おとりよせネット和菓子部門で第一位を獲得したこともあるという「翁屋」の看板商品、「きぬの夕月」というもなかを食べてみました。丹波大納言小豆の美味しい粒あんがぎっしり!

記事を読む

醤油 せんべい

国産米使用、化学調味料無添加、喜八堂の「醤油せんべい」が、探し求めていた美味しさ。

せんべい好きの母のために、国産米使用のせんべいを買いました。旨みには、化学調味料ではなく、昆布や鰹など本物のダシが使われています。バリバリ旨い!

記事を読む

餅つき機で手作りした玄米餅の、あんこ、きなこ、抹茶のせ

餅つき機を使って玄米餅を作り、あんこときなこと抹茶をかけて食べました。

記事を読む