有田焼の磁器ドリッパーでコーヒーが美味しく淹れられる!~ドリッパーの安全性を求めて

先日、無漂白100%だと信じていたコーヒーフィルターに漂白パルプが混入していたことを知り、コーヒーフィルターの銘柄を変えました。↓

今まで使っていたコーヒーフィルターに代わり、以前試して美味しくコーヒーが淹れられたカナエ紙工株式会社製のコーヒーフィルターを購入してみました。

それまでわりと「コーヒーフィルターの安全性」というものには無頓着でした。

しかしそこに着目した途端、急に、ドリッパーの安全性が気になるように。

プラスチック製ドリッパー

有田焼 三洋 深濾過層ドリッパー

↑今まで、コーヒーを淹れる際は、このようなプラスチック製ドリッパーを使ってきました。

2004年に市内の喫茶店でコーヒー器具を買いそろえたのですが、その際、陶器製のものは1~2人用の小さいサイズしか売っておらず、プラスチック製ドリッパーであれば大きなサイズがありました。

大きなサイズのドリッパーが欲しかった私は、あまり深く考えることもせずプラスチック製ドリッパーを購入し、それを現在に至るまで何となく使用してきたのです。

プラスチック(AS樹脂)の原料に発ガン性

しかし安全性が気になり改めて調べたところ、ドリッパーに使われているプラスチック(AS樹脂)の原料には発ガン性が認められているとの記述を見つけました(*1)。(参考:*1yahoo知恵袋 「AS樹脂の害について」

AS樹脂の耐熱温度は80℃~100℃(*2)。ドリッパーに注ぐ熱湯により、そのような有害物質が溶け出るのだろうか?(参考:*2「AS樹脂の物性と用途、特性について」)

これは、はっきりとはわかりません。しかし、耐熱温度ギリギリの熱湯を注いでいることは事実で、何かが溶け出ていてもおかしくありません。気になる!

気になることは改善した方が良い!

というわけで、遅ればせながら陶磁器製のドリッパーに移行することを決定しました。

磁器製ドリッパー購入

私の中の基準はこちら。

・コーヒー器具を作っているメーカーのもの
・日本製

そして選んだのがこちら!↓

有田焼 三洋 深濾過層ドリッパー

有田焼磁器ドリッパー!(3~5人用)

コーヒー関連機器の総合メーカー株式会社三洋産業の商品です。

有田焼 三洋 深濾過層ドリッパー

↑もちろん信頼の日本製。

有田焼 三洋 深濾過層ドリッパー

↑見た目はこんな感じで可愛いです。とても滑らかな触り心地。「Coffee Dripper」という字が浮き出ています。

有田焼 三洋 深濾過層ドリッパー

↑中はこんな感じ。2穴です。

有田焼 三洋 深濾過層ドリッパー

↑ドリッパー内部の溝や角度に、美味しくコーヒーが入るように工夫がなされています。

美味しく入った!

有田焼 三洋 深濾過層ドリッパー

↑早速! コーヒーを淹れてみます。

「磁器ドリッパーは冷たいため事前に温めないと湯の温度が下がり良くない」との意見をネット上で見たのですが、特に温めなくても、蒸らしの段階で熱がドリッパーに伝わって熱々になるので、コーヒーを抽出するときには温度的にまったく問題はないように思えました。

有田焼 三洋 深濾過層ドリッパー

↑そして入ったコーヒー!

飲んでみると……お、美味しい~~! すっごく上手に入ったじゃないか~~!

有田焼ドリッパー、とても気に入ってしまいました! 変なものが溶け出ているかもという不安もなくなってスッキリ!

大事にします! 万が一割ってしまったときに備えてあと二つほど買い足しておきたいくらいの気分です!

災い転じて福となす

今まで使っていた無漂白コーヒーフィルターに漂白パルプが混入していたことを知った当初は「エーッ」と驚き、少しショックも受けましたが、それがきっかけとなり新たなコーヒーフィルターに出会い、この有田焼ドリッパーを使う縁にも恵まれることになったのですから、人生万事塞翁が馬!

災い転じて福と成す!

結果的に、我が家のコーヒーライフが豊かになって、本当に良かったと思います。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事

森修焼き ミニマグカップ

重金属不使用の安全陶器「森修焼き」のマグカップを購入~時間が経っても水の味が変わらない!

鉛やカドミウムなどの重金属を使わず天然石を釉薬に使った「森修焼き」のマグカップを水飲み用に買いました。一度飲んでから時間が経っても水の味が変わらないのにびっくり!

記事を読む

カナエ紙工コーヒーフィルター

美味しくコーヒーが淹れられる無漂白コーヒーフィルターを生協でゲット【カナエ紙工製】

今まで使っていたコーヒーフィルターに代わり、以前試して美味しくコーヒーが淹れられたカナエ紙工株式会社製のコーヒーフィルターを購入してみました。

記事を読む

ヤカンから直接注ぐお湯でコーヒーハンドドリップに挑戦

蒸留水でコーヒーを淹れようと思ったのですが、蒸留水は金属の匂い移りがしやすいため、ステンレス製のコーヒーポットはあまり使いたくありません。そこでホーロー製のヤカンで代用してみることに。

記事を読む

ドルフィンコーヒーフィルターで淹れた

無漂白100%表記のコーヒーフィルターに漂白パルプが混入していた~カナエ紙工のフィルターに替えたら美味しくなった

私がいつも使っていた無漂白コーヒーフィルターに、漂白パルプが10%混入していたらしいことを知りました。そこで、今後はカナエ紙工のコーヒーフィルターを使用することに。

記事を読む

カリタクラシックミル

豆を挽いている途中でコーヒーミルが壊れた

コーヒーを淹れようと豆を挽いている最中に急にミル(カリタクラシックミル)のハンドルが回らなくなりました。そこで登場させたのはカリタのドームミル!

記事を読む

砂糖とミルク入りコーヒー

九年ぶりに、コーヒーに砂糖とパウダーミルクを入れてみる~美味しいが、ハンドドリップしたコーヒーの味と香りがわりと台無し

いつもコーヒーはブラックで飲むのですが、母の要望で砂糖とミルクを入れてみることにしました。こういう風に飲むのは九年ぶりです。

記事を読む

玉屋有機アイスコーヒー

有機栽培豆使用の「玉屋有機アイスコーヒー」が美味しい

有機栽培豆使用のアイスコーヒーを初めて買ってみました。手軽に美味しく安全なアイスコーヒーが楽しめて大満足。

記事を読む

手作りガムシロップ

粗糖で手作りしたガムシロップをアイスコーヒーに入れる【レシピ】

今日もデカフェを飲みました。入れるガムシロップは粗糖で手作りです。まろやかで優しい味。

記事を読む

野田琺瑯

ピクルス漬け用に野田琺瑯(ホーロー)の密閉容器を買ってみた~軽くて滑らか。おかずの保存にも良い【ピクルス2】

ピクルス作りにあると便利な「ホーローの密閉容器」を買ってみました! 野田琺瑯のホワイトシリーズ。軽くてツルツルでとても良さそう。ピクルスを一本漬けるならLサイズが必須です!

記事を読む

椀

漆が剥げたので越前塗りのお椀を新たに買う~分厚く立派で、熱いものを入れても熱くなく持てる

長年使っていたお椀の漆が剥げてきたので、撮影用小物として新しく越前塗りのお椀を買いました。分厚くて、熱いものでも熱くなく持てるのが良いです。

記事を読む