否定的な言葉はやわらかな言い回しに変える。心が暗くなるような情報は遮断する。

シェアする

健康道コラム「否定的な言葉はやわらかな言い回しに変える」更新です。

今回のコラムに書いたように、たとえば「嫌い」を「好きではない」と言い換える努力をするだけで、本当に言葉の全体的な雰囲気が明るくなるんですよ。

この心がけは母にも紹介したのですが、「実践してみたら、心が痛まなくていい」と好評です。

追記:心が暗くなる情報を遮断

健康道コラム「心が暗くなるような情報は遮断する」更新です。

コラムにも書きましたが、私は一時期、本当にすべてのニュースを見ないで過ごしていました。

自分は何も知らないけれど、今、世の中では一体何が起こっているのだろう……と、なんだかワクワクしたような気持ちにもなりました。

家族が普通にテレビや雑誌を見る中で自分だけ見ないというのは大変でしたが、情報から離れ、精神的向上の助けになるような本を読んで暮らしたプチ仙人のような日々を懐かしく思い出します。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事

好きなものについてだけ語るのが、精神衛生上良い

心の健康道シリーズコラム「好きなものについて語る」「良心の痛むことはしない」更新情報です。

記事を読む

心の健康道シリーズ「悪口を言わない」更新

悪口を言わないというのは、精神の健康を保つ上で一番の基本になってくる心がけだと思います。

記事を読む

私にとっての今年の漢字2009は「熱」~病気の熱と、情熱の熱

私にとっての「今年の漢字2009」は、「熱」です。

記事を読む

なりたい人に注目すると、そのような人になっていく。逆も然り。

自分が注目する人や物に自分自身が似ていく(同化する)ということはあると思うので、良くないものには触れないよう気をつけています。

記事を読む

岡本太郎

岡本太郎に影響され、マクロビオティックも激しいものになる

私が人生で一番影響を受けた人物は岡本太郎。人生も、マクロビオティックも、「自分で選び、自分で決める」という強い姿勢が好きです。

記事を読む

「ひのもとおにこ」は、日本人の平和の心

日本鬼子を「ひのもとおにこ」という凛々しく可愛いキャラにしてしまったというのを聞いて、日本人の精神の柔軟さを誇りに思いました。

記事を読む

長期療養後、一年四ヶ月ぶりの美容室で20cmカット~美容師との会話をイヤと思わない自分に成長を感じる

一年四ヶ月ぶりに美容室に行ってきました! 美容室に行けるくらいの体力がついてきたのはありがたいです。

記事を読む

パジャマ

ケチになりすぎるとかえって損をする~パジャマ購入を迷ったときに思い出した老子の言葉

パジャマを二着買う予定が、もう一着気に入ったものがあったので合計三着買うことにしました。けれど最後に決めた一着は高価なので、やっぱりキャンセルしようかと迷った結果……。

記事を読む

おはぎを食べ飽きない理由3つ

おはぎをここ一ヶ月で作りまくっているのですが、なぜこんなに飽きないのか、理由を三つ考えてみました。

記事を読む

プロスペック歯ブラシ

歯科治療が苦手なのに虫歯発見で青ざめるが、前向きに考える

歯に関する問題は大変ですが、きっと死後に振り返れば、「生きていたからこその体験だった」とほほえましく思い出せるはず……と、死後の自分を想像することで乗り越えようと思っています。

記事を読む