天然香料100%の線香「銘香高野霊香」は、重厚感ある豪華な香り~普段使いの線香として理想に近い

昨年、「普段使いしやすい価格で、天然香木系の華やかな香りを楽しめる線香」を求めて、二種類の線香(「福運白檀」、「銘香五筆」)を試しました。↓

ご先祖様供養に使う線香で、普段使いしているのは「くすの木せんこう」なのですが、これより香りが華やかで、かつ、特別な日用の「風韻沈香」よりは経済的な線香が欲しくて、「福運白檀」という線香を買ってみたのですが…。
普段使いもできる高級線香の候補として買った「銘香五筆」。購入したばかりのときは香りが強すぎて、これは使えないと思い放置。しかし12日後に再チャレンジしてみたら、匂いが弱まり、香木に近い良い香りに変化していました。これなら使える!

↑こちら、どちらもなかなか良い香りだったのですが、一箱使い切ったあとはなんとなくまたいつもの「くすの木せんこう」に戻って、それを使い続ける日々を送っていました。

総合的に、私にとっては「くすの木せんこう」の方がわずかに上だったということなんですよね。

くすの木線香は無難

くすの木せんこう」って、使いやすいんですよね。

化学合成添加物が一切不使用というところが一番の美点。

焚くと、柑橘系の爽やかな香りが少しだけあって、あとはほとんどただの煙で、「良い香り」と感じる要素はあまり無いけれど、「悪臭」と感じる要素も無く使って体調も悪くならないし(線香の匂いがきつすぎると具合が優れなくなるので)、部屋への残り香も無く、とにかくあっさりしていて、飽きずに使える

高価すぎないのもありがたい(1本約4.6円)。

気になっていたこと

ただ、「くすの木せんこう」を使うにあたり、気になっていたこともありました。

それは、この香りが、ちょっと素朴過ぎるということ。

ご先祖様に対して、毎日、すごく質素な食事を提供しているような気分というか……。

もてなしをケチッているような、どこか後ろめたい気持ちがありました。

自分が供養を受ける側だったら、確かに供養行為だけでありがたいけれど、できればもうちょっと沈香とかの良い香りを味わいたいなあ……。

くすの木せんこう」も悪くはない。悪くはないんだけれど、もう少し、理想に向かって線香探しを続けてみようかなあ。

amazonレビューから線香に行き着く

そんな気持ちが強まっていた頃、良い出会いがありました

先日、当ブログでも紹介した「デントラクト」(乳酸菌入り歯磨き)のamazonレビューを読んでいたときのこと。↓

その中で、『アバンビーズと比べると、ミント感は無いので慣れるまで少し物足りなさがありました』とおっしゃっている方がいました。

アバンビーズは、私も気に入ってずっと使ってきた歯磨きです。

へえ、この人も、アバンビーズを使っていて、次にデントラクトを試したのか。

この、多種多様な歯磨き界において、「アバンビーズ」と「デントラクト」という二つをチョイスして使っているという共通点に親近感を覚え、私は、その人が他にどんな商品のレビューを書いているのかチェックしてみました。

すると、その中に「銘香高野霊香」という線香があったのです。

銘香高野霊香

↑こちら、「高野山大師堂」というお店で製造・販売されているお線香で、高野山の金剛峯寺でも使われているものなのだそうです。

それだけでも興味を引かれたのですが、レビューを読むと、『丁子(ちょうじ)のすごくいい香り』というのがあり、丁子好きの私は「丁子??」と大反応。

丁子の香りのお線香、ずっと欲しかったんです!!

丁子好きになったきっかけ

私が丁子の香りにハマッたのは2014年。

福井旅行で泊まった旅館(あらや滔々庵)のアメニティ(備品)に、「丁子染めの足袋(たび)」なるものがあったんですよね。↓

丁子染め 足袋

↑これ。この足袋が甘くてスパイシーなすんごく良い香りで、「フォー!! この香り、何? 丁子ってこんな良い香りがするの??」と、一気に丁子のファンに。

丁子は、別名「クローブ」というスパイスだと帰宅後に調べて知り、匂いを嗅ぐためだけにスーパーのスパイス売り場でクローブを買ったりもしました。↓

gaban クローブ

↑この、クローブの香りのお線香があったらどんなに良いだろうと思って、折に触れて探したのですが、うまく見つけられず。

丁子の香りメインの線香っていうのもなかなか無いものなんだなあ~と半ば諦めていました。

それが!! ここへ来て、丁子の香りのする線香発見??

これは運命の出会い! 買うしかない!!

買ってみた

銘香高野霊香

↑というわけで!! 買ってみた!! 銘香高野霊香

紺青色の和紙に金銀の四角がちりばめられて、高級感ある外装です!

1本あたりの値段は、約6.8円。くすの木線香(1本4.6円)より2円高いけれど、普段使いできる範疇。

銘香高野霊香

↑フタを開けると……おおぅ! これまた高級感!

天然和漢香料

銘香高野霊香

↑「高野霊香のしおり」と、説明書き。↓

銘香高野霊香

↑これらの情報と、お店のサイトの商品説明によると、使われているのは、

沈香、白檀、丁香、樒(しきみ)、龍脳、鬱金(ウコン)

等の天然和漢香料であるとのこと。

「丁香」というのが、私のお目当てである「丁子」のこと。丁子が配合されているのは確かなようだ。

商品説明には「鬱金(ウコン)を調合しているため焚く前はカレーっぽい香り」なんて書いてあるけれど、果たしてどんな香りなのか……。

カレー

銘香高野霊香

↑わくわくしながら早速嗅いでみると……。

…………ん?

なんだこれ(クンクン)、確かに(クンクン)、カレー粉っぽいスパイスの香りがする

母にも嗅いでもらうと、母は、「ウスターソースの匂い」と表現。

……カレーとか、ウスターソースとか、どういうことやねん(笑)。初めて嗅ぐ種類の香りです。

甘く、スパイシーな香りで、その中に確かに丁子の気配も感じます。

けれど、丁子は、単体だともっと軽い、音でいうと高音の響きのある香りなんですよね。

この高野霊香は、甘いけれど重い、重低音を感じる香りです。

焚いてみる

これは、焚くと一体どんな香りになるのか……。供養時の線香として使ってみました。

火をつけて、上がった煙を直接嗅いでみると、スッとした龍脳系の香り

その煙が徐々に部屋を満たし、廊下にも漏れ出て、家の中を漂い始めます。

すると……おっ? なんだ? この複雑な香りは

なんとも表現が難しい。様々な香りが何重にも綾をなす、奥行きのある香りです。

「干しぶどう」のような香りというのが、私が一番感じたことです。

甘酸っぱい。それでいて重く濃厚。豪華。

けっこう良い香りだぞ!

それでいて、翌日、供養部屋に残った香りは、木のように静か。うん、この残り香の少なさも良い感じ。

天然香料100%なのか?

なかなかいいじゃん、銘香高野霊香

しかし、ここまで豪華な香りがするのに、天然香料100%ってことあるのかな……

商品説明には「古来の経典に基づき天然の香料で仕上げております」と書かれていて、ここを素直に解釈するなら天然香料100%っぽくはあるんだけれど、少しは合成香料も使っていたりするのかな。

問い合わせてみた

……と、考えていても埒(らち)があかないので、販売元に電話で問い合わせてみました!

すると、銘香高野霊香合成香料は無添加とのこと!!

ホォーーーッ!! すごい!! 合成香料無添加?? そんな線香、「くすの木せんこう」や「風韻シリーズ」以外に存在したんだ!!

ただ、カビ止め剤、着色料(染料)は使用しているとのことで、完全無添加というわけではないようなのですが、合成香料を使っていないというだけでもかなりすごいです。

リピート決定

この銘香高野霊香、気に入りました。

天然香料100%で、これだけ華やかな香りが楽しめて、値段もそう高くはない。……と、求めていた線香の条件にかなり近いものが見つけられたと思っています。

そしてこの線香、不思議なことに、日によって香りが違うように感じられるんですよね……。

購入当初は香りに少し「くどさ」があったのですが、日が経つにつれて澄んできて、購入から二十日が経った頃には「風韻白檀」的な、「えぐみの無い甘さ」を感じさせる香りになりました。

決まった香りではなく、日によって揺らいでいく香りというのも面白いと思います。奥が深く、飽きずに使えるんじゃないかと思っています。

母も気に入って、二人で供養時に使うので、一箱がどんどんなくなってきています。

……というわけでリピート購入決定! です。

線香界にも、隠れた名品があるものですね。「銘香高野霊香」を見つけられて良かったです。今後、我が家のご先祖様供養において定番になる予感!

スポンサーリンク

フォローする

関連記事

永平寺でも使われている線香「零陵香」を試してみた~今までで一番個性的な香り

かの有名な福井県の永平寺でも使われているという線香「零陵香」を買ってみました。伝統的な香りかと思っていたら、全然違う、個性的な香りで驚きました。

記事を読む

華やかな香り、かつ、経済的な線香を求めて「福運白檀」を買ってみた

ご先祖様供養に使う線香で、普段使いしているのは「くすの木せんこう」なのですが、これより香りが華やかで、かつ、特別な日用の「風韻沈香」よりは経済的な線香が欲しくて、「福運白檀」という線香を買ってみたのですが…。

記事を読む

化学香料不使用の麗しき本物の線香(風韻シリーズお試しセット:白檀、沈香、伽羅)

自然の香木を使用し、染料・化学香料・添加物などは一切不使用という高級線香「風韻」のお試しセットを取り寄せてみました。気品のあるとても良い香りで驚きです! 本物はやっぱり違う!

記事を読む

奥野晴明堂ゼロ

香料ゼロ線香(奥野晴明堂 ゼロ)の意義

いつも使っている「くすの木せんこう」の買い置きがなくなったのでまとめ買いしたら、おまけに「ゼロ」という名の無香料・微煙タイプの線香がついてきました。線香なのに無臭・微煙とはこれいかに。

記事を読む

くすの木せんこう

体に優しい「くすの木せんこう」でご先祖様供養

毎日のご先祖様供養も四年目に入りました。現在使っている「くすの木せんこう」は、合成原料不使用で、煙を吸っても体調が悪化しないところが好きです。

記事を読む

【線香】「新特撰零陵香」は懐かしい昭和チックな香り。渋みのあるポマード系。【零陵香の高級版1】

零陵香の上位バージョン「新特撰零陵香」のレビューです。零陵香は若々しい匂いでしたが、こちらは渋い匂い。残香が弱いのが好印象です。

記事を読む

高級線香「銘香五筆」、買ったばかりだと匂いが強すぎて車の芳香剤っぽかったのが、12日置いたら良い香りに変化

普段使いもできる高級線香の候補として買った「銘香五筆」。購入したばかりのときは香りが強すぎて、これは使えないと思い放置。しかし12日後に再チャレンジしてみたら、匂いが弱まり、香木に近い良い香りに変化していました。これなら使える!

記事を読む

香樹林

供養のための線香買い足し~香樹林(長寸)、風韻白檀

ご先祖様供養のための線香の在庫が尽きそうだったので、お気に入りのものを買い足しました。

記事を読む

化学香料無添加の線香、風韻の「沈香」でご先祖様供養

お試しセットで試した高級線香・風韻沈香の45g入りを買いました。無添加で本物の香り!

記事を読む

線香の世界にはまりゆく~三種(好文木、香樹林、白梅)を新規注文してみた

ご先祖様供養を始めて「線香」というものに興味を持ったので、色々試すために三種を注文し、それぞれ嗅いで楽しんでみました。

記事を読む