目の健康を最重視してPCディスプレイを選ぶ~EIZO FlexScan EV2455は、ブルーライト、ちらつきカット機能つき

今年、7年ぶりにデスクトップPCを買い換えました。↓

二ヶ月前に購入した富士通PC。旧PCがまだ使えるので移行に躊躇していましたが、ついに腰を上げてセットアップ! 性能をアップさせたので速度が出て、サクサク作業できるようになりました。

↑このパソコン、液晶分離型といって、ディスプレイ(モニター)は別に用意しなければいけません

そこで! 私が購入したディスプレイがこちら!↓

EIZO FlexScan EV2455-WTR

↑EIZO株式会社(日本)の、EIZO FlexScan EV2455-WTR!!(24.1インチ)

このディスプレイを選定するまでには予想外に長~~い時間がかかりました。

その期間、実に三週間。パソコンを決めるより大変でした。

第一条件は「目に優しい」こと

ディスプレイを選ぶ上で、私が最重視したのが目への優しさ

私は今回のパソコン買い換えまで、ずっとバックライトがCCFL(蛍光灯)のものを使用してきました。

それが、とても調子が良くて、長時間使用していても全然目が疲れないし、できればディスプレイだけは今までのものを継続使用したいくらいでした。

けれど、旧PC(VAIO)は液晶一体型で、パソコンとディスプレイがくっついてしまっており、新PCにつないでディスプレイだけ使う……ということができません。

そこで新規にディスプレイを購入する必要が生じたのですが、最近のディスプレイって全部、バックライトがLEDなんですよね。

LEDバックライトが怖い

パソコンのバックライトとしてLEDが採用されることが増えてから、LEDの光に多く含まれる「ブルーライト」が目に良くないとよく聞くようになりました。

なんでも、ブルーライトには、以下のような「目に優しくない」要素があるとのこと。↓

・刺激性が高く、網膜疾患加齢黄斑変性症を引き起こす原因の一つとなる。

・空中のチリやホコリで散乱しやすく、目のピントが合わせにくくなり、目の疲れを誘発する。

(参考:目のブルーライト対策ディスプレイだらけの世界で目を守るには

↑こういうのを読むにつけ、本当に怖い!

私はパソコンディスプレイを長時間見つめる生活をしているので、「目の健康」はかなり大事!

目を守るためなら、お金がちょっとくらいかかってもいい。ディスプレイだけは良いのを買う

そう決めていました。

第二条件は「昇降機能」

「目への優しさ」の次に求めたのは昇降機能

ディスプレイの高さが固定されたものではなく、自由に変えられるもの(なるべく低くできるもの)が欲しいと思っていました。

というのも、ドライアイを防ぐのには、ディスプレイを目の高さよりやや下に置き、少し伏し目がちに画面を見た方が、眼球の露出(涙の蒸発)が減って良いそうなのです。(参考:パソコンを長時間使う方

旧PC(VAIO)は固定式で、「もう少しディスプレイの位置を下げたいな~」とずっと感じていたので、新たなディスプレイには昇降スタンド付きのものを選ぼうと思いました。

EIZOのディスプレイ

そこで真っ先に目をつけたのが「EIZO株式会社」のディスプレイ。

ブルーライトを70%カット

ブルーライトを約70%削減(*1)できる「Paper(ペーパー)モード」というのに一番惹かれました。

画面のちらつきを74%カット

そして、目の疲れの原因となる画面のちらつき(フリッカー)を、一般的なディスプレイに比べ74%カットしている(*2)というのも大きな魅力でした。(参考:*1,*2FlexScan EV2450 / EV2455製品カタログ:PDFファイル)

昇降スタンドつき

もちろん昇降スタンドつき!

約13㎝の上げ下げが可能です(一番低くしたときは、机の上面からディスプレイ下辺まで約1㎝)。

目に優しいとの口コミ評判も高く、私の望みにはEIZOのディスプレイが一番適(かな)うだろうと思いました。

買おうと思ったのはEV2450

そして、何種類かの大きさの中からこれにしようと思ったのが「FlexScan EV2450-WTR」(2017年12月追記:現在は新モデル「ev2451RWT」になっています)。↓

↑サイズは23.8インチ。

VAIO(旧PC)が「21.5インチ」だったので、それより一段階大きくなって、より見やすくなって良いんじゃないかと思いました。

しかし、いざ購入ボタンを押そうとすると、……ん?

なぜだろう。何か、気が進まない

スッとくる選択肢を探す

私は、特に高額なものを買おうとしているとき、「それを本当に買う気がするか、しないか」というのを大切にしています。

ある種の身体反応というか、よく吟味して、頭では「これがいいんじゃないか」と思ったものでも、いざ購入しようとすると、なぜだか「購入ボタンを押す気がしない」という状態になることがあります。

体から力が抜けるというか。はっきりと「イヤだ!」と拒否感が出るのではなく、う~ん、何か、買うという行為に至るのに必要な衝動が来ないという感じ。

それは、自分にとって、その選択が正解ではないことを示しているんだと解釈しています。

何が正解なのかはわからない。でも、とにかく、今自分が選ぼうとしているものは正解ではない。

この状態になると大変です。心にスッと来るものを見つけるまで、延々と探し回らなければいけません。

まさか、ディスプレイ選びでこの状態が発生するとは思っていませんでした。

このEIZOのディスプレイが良さそうなのに。これじゃないとすれば、一体どのディスプレイなの??

ディスプレイ探し

そして、私が新たに検討したディスプレイメーカーは以下の通り。

・iiyama(イイヤマ)
・Philips(フィリップス)
・DELL(デル)
・BenQ(ベンキュー)
・ I-O DATA(アイ・オー・データ)
・ASUS(エイスース)

↑これらの中でも、DELLのディスプレイは、購入の寸前まで行きました。

↑こちら。口コミがすごく良かったので。

電話サポートが中国人なのは不安

しかし、保証内容について聞きたいことがあり、デルのカスタマーセンターに電話で問い合わせてみたところ、出たのが中国人だったんですよね……。

流暢な日本語で対応はしてくれましたが、「どのくらいの日本語なら通じるんだろう? 自分の言ってることは100%相手に伝わっているだろうか?」と考えながら話すのが疲れる。

万が一、ディスプレイに不具合が出た場合、修理依頼のためまずはテクニカルサポートに連絡をすることになる。

そこで応対してくれるのも中国人だった場合、どんな症状が出ているか伝えて、相手は正しく理解してくれるだろうか?

日本語の微妙なニュアンスとか、読み取ってくれるんだろうか?

……トラブルがなければ問題ないのでしょうが、修理が必要になったときのことを想定すると不安だったので、購入は中止に。

ふと思いついた選択肢…24.1インチ

こうして、EIZO以外のメーカーをさんざん探し回り、結局、どれにも決められず。

やっぱりEIZOがいいんじゃないかなあ~~。品質も良さそうだし、保証も良いし。

でもなぜか買う気がしないんだよなあ~~、なんでなんだろう~~??

と、頭を抱えていたときにふと思いついたのです。

私がEIZOで買おうとしていたのは23.8インチのディスプレイだったけれど、それのもう一つ上の24.1インチはどうだろう?

縦が長くなる

EIZOのディスプレイにおける「23.8インチ」と「24.1インチ」の違いはこんな感じ。↓

ディスプレイ サイズ

↑これは、まったく同じページを表示させたときの様子ですが、「24.1インチ」(右)だと、「23.8インチ」(左)に比べ、表示領域の縦幅が長くなるんですよね。

だから、「23.8インチ」(横1920×縦1080)では表示できていなかった、最下部のグレーのゾーンが、「24.1インチ」(横1920×縦1200)では表示できるようになります。

具体的に言うと、120ピクセル、縦に長い

WUXGA(1920×1200)を初検討

120ピクセルの縦幅とは、このくらいのことです。↓

縦120px

↑この、縦幅が120ピクセル長くなる、「横1920×縦1200」のディスプレイ。

WUXGA」という規格ですが、「WUXGA」のディスプレイなんてまったく視野に入っていませんでした。

私が買おうとしていたのは「横1920×縦1080」の「FHD」。

パソコンのディスプレイとしてはとても一般的な規格で、今まで使ってきたパソコン(VAIO)も「FHD」だったし、それで特に不便も感じていなかったので、新しいディスプレイも「FHD」で良いと、ほぼ固定概念に近いくらい思い込んでいました。

けれど。よくよく考えてみれば、縦に120ピクセル多く表示できるって、良いことではあるよね?

記事を書くときも、スクロールなしで表示される文章が多い方が、全体が把握しやすいし。

買う気がする

それに何より! このEIZOの24.1インチディスプレイ、買う気がする

縦に120ピクセル長いことがどのように自分にとって良いのか、想像しきれていない部分も多いけれど、とにかくなんだか心にスッと来る。

……正解はこれだったのか!! これが今の自分にとって最善なんだ。

EIZOってのは正しかったんだな。問題はサイズだったのか!!

予算オーバー

EIZOの23.8インチディスプレイは38000円くらいで、それでもだいぶ高いと思っていましたが、24.1インチディスプレイになると急に5万円くらいに跳ね上がります

……くぅ~~っ。これは正直、予算オーバー。ここまでディスプレイが高くなるとは思っていなかった。もう少しパソコンにかかる金額を抑えたら良かったかなあ……。

でも仕方ない! 今後、かなり長い間使うことになるだろうし。自分の「本心」が「これが良い」って言ってるんだから、それに従おう。

……というわけで!! 三週間もぐるぐる迷い続けた結果、ようやく一つの答えにたどり着き、購入に至ったのでした!↓

到着

EIZO FlexScan EV2455-WTR

↑そして! やってきた! EIZO FlexScan EV2455-WTR!(2017年12月追記:現在は新モデル「EV2456-RWT」が販売されています。)

EIZO FlexScan EV2455-WTR

↑信頼のMade In Japan! ……EIZO株式会社って、本社が石川県白山市にあるんですよね。なんだか白山市ってのがすごくかっこいいなって思うわけですよ。

私は2015年に金沢・福井旅行で平泉寺白山神社に行ったわけですが、あの白山神社に近い会社と思うと、勝手に縁を感じてしまうんですよね。

開梱&設置

EIZO FlexScan EV2455-WTR

↑輸送途中に傷とかがついていなければいいんだけどなあ~。と、心配しながら段ボールを開けます。

EIZO FlexScan EV2455-WTR

↑発泡スチロールを取り除くと……フォーー!! ディスプレイのお目見え!!

軍手をはめ、慎重に取り出し、机の上に設置します!↓

EIZO FlexScan EV2455-WTR

できたーー!! 心配していた傷もなく、綺麗な外観です。

EIZO FlexScan EV2455-WTR

↑VAIOと並べるとこんな感じ。表示領域はEIZOの方が二回りほど大きいですが、ディスプレイのワクがかなり細いため、そこまで大きさに差があるように見えません。

昇降スタンドで高さ、角度、自由自在

早速、昇降スタンドも活用しました。

高さ

EIZO FlexScan EV2455-WTR

↑机上面から約1㎝のところまで下げられますが、2.5㎝くらいの方が首が楽だったのでこんな感じに。

角度

EIZO FlexScan EV2455-WTR

↑画面の角度も変えられる(上35°、下5°)ので、使い慣れたVAIO(旧PC)と同じくらいの上向き加減にしました。

回転

EIZO FlexScan EV2455-WTR

↑あと、このスタンド、なんと回転機能も備わっています。

何らかの事情でディスプレイ正面にいられないときも、自分のいる方向に画面を向けられるので便利ですよね。

噂の「Paperモード」

それでは! ディスプレイの映りを設定していきます。

私が目指すのは、ブルーライトを約70%カットできるという、目への優しさを追求した「Paperモード」!!

一般的なモード

EIZO FlexScan EV2455-WTR

↑まず、こちら、正確な色が再現できるというsRGBモードで写真を表示させたところ。

Paperモード

EIZO FlexScan EV2455-WTR

↑同じ写真をPaperモードで表示させるとこんな感じ。

比較

EIZO FlexScan EV2455-WTR

↑比較するとこんな感じ! Paperモードは、全体的にセピア色がかるというか、確かに青みが減っているのがわかります。

けれど、まったく変な色味ではなく、自然で、見ているうちにすぐ目が慣れてしまいます。

明るさ(ブライトネス)の調整

そして! 目への優しさを考えるとき、欠かせないのが明るさの調整!!

VAIO(旧PC)時代も、初期設定がまぶしすぎたため、暗くして使っていました。↓

最近、突発的に目が痛くなって涙がぼろぼろ出ることがあるので、目への負担を減らすためにパソコン画面を暗くしてみました。

↑これは、OS(Windows7)側(がわ)での調整だったわけですが、今回は、EIZOディスプレイの機能を使います。

EIZO FlexScan EV2455-WTR

↑Paperモードの中に、さらに明るさ調整の項目があるので、これを選択。

EIZO FlexScan EV2455-WTR

↑最初は45でけっこうまぶしかったので、15まで落としてみました。

200段階調整可能

この、明るさ調整。

0から100までの数値を選べるのですが、一つの数値の中にさらに「強・弱」があるので、合計で200段階の明るさ調整が可能ということになります。(参考:明るさ調整について

200段階ってすごいですよね。微妙な明るさの違いで目の疲れ方が違うかもしれないので、そのへんの調整が細かくできるというのはありがたいです。

二週間使ってみた結果

そして。この「Paperモード、明るさ15」という設定でディスプレイを使ってみること二週間

現時点では目の調子は良いです!

長時間ディスプレイを見ていても疲れませんし、目の充血も無く、頭痛もありません。

一日の終わりに、目がシャッキリしていて、目の潤い感も保たれています。

EIZOディスプレイ、ええやん

と、とりあえず一安心しています。

買って良かった

目の健康をひたすら目指して選び、購入したEIZO FlexScan EV2455

結果として、最善の選択ができたと思っています。

サポートも手厚い

EIZOはサポート面も手厚くて、このディスプレイには購入日から五年間の保証がついています。(EIZO製品の保証内容について詳しくはこちら

保証期間内であれば、修理品の往復送料無料な上に、修理期間中には無料で貸出機を貸してくれるのだそうで、これには非常にびっくり&感動しました。

修理している間、ディスプレイがなければ確かに困るけれど、だからって代わりのディスプレイを貸してくれるなんて、そんなことあるんだ??

まるで自動車修理のときみたいですよね。代車っぽいというか。

そこまでしっかりしたサポートをつけても大丈夫なくらい、製品に自信があるんだなと思いました。そもそも滅多に故障しない、みたいな。

電話対応が日本人

あと、ディスプレイを選んでいる段階で、何度かEIZOのコンタクトセンターに電話で問い合わせをしたのですが、その際、応答してくれたのは日本人でした。

日本語が通じるだろうかと考えずに日本語を喋れるというのは、日頃、当たり前のようにして暮らしていますが、こういうときはあらためてそのありがたみを感じます。

祈・長持ち!

パソコンもそうですが、このディスプレイにも長持ちしてほしい!! 最大限、丁寧に扱っていきたいと思います。

(2017年12月追記:上にも少し書きましたが、私が購入したEV2455は生産終了となり、現在は新モデルのEV2456が発売されています。

EV2456はEV2455に比べ、昇降スタンドがスリムになり、机の上をより広々と使えるようになっています。)

スポンサーリンク

フォローする

関連記事

Digio2ブルーライトカット

母のノートPCにブルーライトカット液晶保護フィルムを貼る【母のインターネット2】

母のために買ったノートパソコンに、眼精疲労対策としてブルーライトカットフィルムを貼りました。上手く貼れましたよ! でもちょっとだけ、見た目の色調が変化します。

記事を読む

ブルーライトカットフィルム

目に有害なブルーライトカット対策を検討したが、古いパソコンのため、現状では対策不要だった

目に有害とされる光線「ブルーライト」。PCディスプレイのバックライトにLEDが使われていると特に多量に発生しているとのことなのですが、私のPC(2010年購入)にLEDは使われていませんでした。

記事を読む

ロアス

目のために、パソコン画面に紫外線防止フィルムを貼る~目が痛くなりにくい。効果有り!

新しいパソコンの画面に何も貼らずにいたら目が痛くなったので紫外線防止フィルムを貼りました。こういうのを貼るのは得意でないのですが、うまく貼れました!

記事を読む

目のために、パソコン画面を暗くする

最近、突発的に目が痛くなって涙がぼろぼろ出ることがあるので、目への負担を減らすためにパソコン画面を暗くしてみました。

記事を読む

手元とパソコン画面の明るさを均一にすると目が疲れない

パソコンを買い換えてから、モニターに向かっていると目が痛くなって涙が出てきて困っていたのですが、デスクスタンドの位置を変えたところ症状が劇的に改善しました。

記事を読む

ウォーキング時にサングラスで紫外線から目を守りたい~オークリーのサングラス購入

ウォーキングをするときに紫外線から目を守るためにサングラスをかけたいと思い、オークリーというメーカーのサングラスを購入しました。

記事を読む

ドライアイ

ドライアイにひまし油点眼

ドライアイにひまし油点眼が効くというので試してみました。起床時の目がとても楽になりました! 涙液タイプの目薬との併用でさらに楽に。一年半の実践後、現在は涙液タイプの目薬のみ点しています。

記事を読む

障子

障子の光が眩しくて目が疲れる~アルミシートで即席遮光カーテン

和室の窓から障子を通して射してくる光がまぶしく、パソコン作業時に目が疲れやすくなることに気づきました。そこで取り急ぎ、アルミシートを遮光カーテン代わりに!

記事を読む

飛蚊症悪化防止用の目のサプリをアメリカの店にネット注文したら、差出人の欄に「USA」としか書かれていなかった

郵便物の不在連絡票が入っていたので内容を確認したら、差出人が「USA様」でした。USA様って。規模が大きすぎる。

記事を読む

パナソニック ブルーレイディスクパナソニック ブルーレイディスク

パソコン内の画像をブルーレイディスクに移す~大きいサイズのままたくさん保存できて便利

デジカメで撮った写真を、サイズ縮小せず保管したい場面が増えてきました。DVDだとすぐに容量いっぱいになってしまうため、思いついたのがブルーレイディスクへの移動!

記事を読む