【足の痛くならないパンプス】ワコール「サクセスウォーク」は母の足に合う~足指付け根ゆったり設計

2013年に、母が職場で履くための「足が痛くならないパンプス」を求め、札幌まで行ってアシックス「GIRO」(ジーロ)の黒パンプスを購入しました。↓

足の痛くならないパンプスを求め、札幌まで行ってアシックス「GIRO」のパンプスを買ってきました! 母は、その履きやすさに大感激。かかとの安定感がすごい!

そのとき、私も自分用にGIROのパンプスを購入して、履き心地の良さに感激し、以来、ずっと大事に履いています。

わざわざ札幌まで出向いて買った、アシックスGIROのパンプス。これが、本当に、嘘のように歩きやすいのです。足指も痛くならないし、パンプスというものの概念が自分の中でひっくり返りました。

私にとっても母にとっても歩きやすいパンプスを見つけられて一件落着、めでたしめでたし……。

で終われるはずだったのですが。

その後、実は、ちょっとややこしいことになっていたんですよね。

母の足にGIROが合わなくなる

店で試し履きをして、足にすごく合うとの確信を得てGIROの黒パンプスを購入した母。↓

giro サクセスウォーク

↑早速職場に履いていって、最初はとても調子が良かったそうです。

しかしその日の夕方になったら、親指の付け根(甲側)が痛くなったのだとか。↓

giro サクセスウォーク

↑このあたり。

母にサクセスウォークのパンプス購入

それでも数週間は頑張って履いていたのですが、どうしても痛くて我慢できないということで、GIROの他にもう一つ目をつけていた歩きやすいパンプスブランド「ワコール・サクセスウォーク」のパンプスを新たに買い求めたのです。↓

giro サクセスウォーク

↑そしたら、このサクセスウォークのパンプスは本当に母の足に合って、長時間履いても痛くならないということで、母の黒パンプスは最終的にサクセスウォークに落ち着いたのでした。

私もサクセスウォークを買ってみた

母が、「良い」と絶賛のサクセスウォーク黒パンプス

ちょうど、私も黒パンプスを欲しいと思っていたので、母がそんなに良いというなら……と興味を持ち、店舗まで行って試し履きをして、まあまあ良いように思えたので、母と同じ型(WFN070)(ワイズはE。母は2E)を購入してみました。

私の足にサクセスウォークが合わない

そして、「履き心地が良い」とレビューしようと思って、実際に履いて外出したりしたのですが、どうも、少し長い距離を歩くと、足指の付け根が痛くなってくるのです。

giro サクセスウォーク

↑このあたり。

つま先立ちして、体重がすべて足指の付け根にかかってきているような感じ。

それでも、今まで買った他のパンプスよりは確かに歩きやすいのですが、「GIRO」と比べてしまうと、「GIRO」パンプスの方が私の足には合う。

「GIRO」も、「サクセスウォーク」も、買ったパンプスのヒールの高さは同じ(7cm)なのですが、「GIRO」は、履いたときに、「サクセスウォーク」よりもヒールが低く感じる、つまり、体重のかかり方が足裏の一カ所ではなく全体に分散されて、低いヒールの靴を履いているように楽なんですよね。

なぜ感じ方が違うのか

しかし、「母の足にはサクセスウォークの方が合い、私の足にはGIROの方が合う」という事実が、私には不思議で仕方ありませんでした。

なぜそうなるの? サイズの選び方を間違ったわけでもないし、どちらも「歩きやすさ」を追求して作られたブランドのパンプスなんだから、「どっちも歩きやすい」という結果になっても良さそうなのに。

何が、履き心地の違いをもたらしているの??

足指付け根のクッションの有無

そう思って、「GIRO」のパンプスと「サクセスウォーク」のパンプスを並べて見比べたり、色々触ったりして違いを探っていたところ、一点、大きな違いと思える部分を見つけました。それは、足指付け根部分の中敷きの作り

GIROはクッション有り

giro サクセスウォーク

↑「GIRO」のパンプスはこの部分が少しだけふくらんでいます。

サクセスウォークは平ら

giro サクセスウォーク

↑「サクセスウォーク」のパンプスはこの部分が平たいです。

親指付け根部分の厚み

giro サクセスウォーク

↑そして。足の親指付け根の一番厚い部分を測ってみたところ、母は3.5cm、私は3cmでした。

つまり、母の方が足指付け根の厚みがある。

これらのことから推察した、履き心地の違いをもたらした原因は以下の通り。

母の場合

母は、足指付け根の厚みがあります。だからGIROのクッションによって付け根が圧迫され、痛くなった。

サクセスウォークは付け根にクッションが無く空間が広いので、母の足先が楽におさまった。

私の場合

私は、足指付け根が薄いです。だからGIROのクッションによってフィット感が高まり、前滑りが防げたおかげで楽に履けた。

サクセスウォークは付け根にクッションが無く、私の足先の厚みに対して空間の方が広かったため、前滑りが起きて足が痛くなった。

つまり、足指の付け根が薄い人はGIRO、ある程度厚みがある人はサクセスウォークの方が合うと言えるんじゃないか? と思います。

主観ではあるが

以上の推論はあくまでも私の主観から導き出したもので、正しいかどうかわかりませんが、少なくとも私の中ではわりと納得のいく答えが出せたと思っています。

母から、「サクセスウォークはすごく歩きやすいから記事にしてほしい」と何年も言われていて、でも、私自身があまり歩きやすいと思っていない以上は記事にするのも難しく、どうしようと思っていました。

それを今回一念発起して、一日中パンプスと格闘して、なんとか記事にできて良かったです。

買い替えるつもりはない

ちなみに、私にとってはあまり歩きやすくはない「サクセスウォーク」の黒パンプス。

これ、買い替えるつもりはありません。

長距離を歩かなければ良いんだし。そこそこ履きやすいし。

それに何より、サクセスウォークのパンプスは、デザインが綺麗なんですよ!↓

giro サクセスウォーク

↑こう、シュッとしてる。

giro サクセスウォーク

↑ヒールの形がエレガント。さすが「バニラエア」(ANAグループの航空会社)の公式シューズに選ばれているというだけありますよ。客室乗務員さんが履いてサマになるパンプスということですよね。

前滑り防止のつま先用中敷きが売られているので、それを敷いたりして、自分の足に合うよう調整していきたいと思います。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事

GIROのパンプス

【足の痛くならないパンプス】アシックス「GIRO」を札幌まで行って買ってきた(札幌旅行1)

足の痛くならないパンプスを求め、札幌まで行ってアシックス「GIRO」のパンプスを買ってきました! 母は、その履きやすさに大感激。かかとの安定感がすごい!

記事を読む

アシックスGIROパンプス

アシックスGIROのパンプスが本当に歩きやすくて感激!

わざわざ札幌まで出向いて買った、アシックスGIROのパンプス。これが、本当に、嘘のように歩きやすいのです。足指も痛くならないし、パンプスというものの概念が自分の中でひっくり返りました。

記事を読む

すきまささえ隊

土踏まず用の中敷き「すきまささえ隊」で足指の痛み軽減

足の横幅が狭く、ハイヒールを履くと足が前滑りして指がすぐ痛くなります。それを軽減するために「すきまささえ隊」なるものを買って装着してみました。

記事を読む

ペダラ

靴下のままウォーキングマシンを使ったら足首が痛くなったのでウォーキングシューズを履く

先日購入したウォーキングマシン。靴下で歩いていたら、足首が痛くなってきました。そこでウォーキングシューズを履いて歩いてみたところ、これがすごく良い! 楽!

記事を読む

ウォーキングシューズのアシックスPEDALA、気に入りすぎて外履き用を買い足す。ゴムまり成分でグイングイン歩ける

運動靴で長距離を歩いたら足に合わず親指の爪が痛くなったので、歩くという用途に徹した「ウォーキングシューズ」を買うことにしました。色々リサーチした結果、アシックスの「PEDALA」に決定。

記事を読む

寝るときのズボンの股上が浅すぎてTシャツが出る~ワコールのパジャマを買ったら股上深くて安心

寝るときのズボン、股上が浅すぎたのでワコールの格的なパジャマを購入! 結果、大満足。

記事を読む

表面 フラッシュ

ワコール裏起毛のパジャマにつけられていた「表面フラッシュに注意」のタグ~引火すると火が瞬時に走る

裏起毛のパジャマを買ったら、「表面フラッシュに注意」というタグがついていました。火が燃え移るとあっという間に広がってしまうらしいです。気をつけます。

記事を読む

夏テコ

ワコールの夏用ステテコで猛暑対策

ワコールの夏用ステテコ「夏テコ」を買って穿いています。薄くて軽く、身軽です!

記事を読む

Tシャツブラの締め付けで頭痛発生~体調のためにはスポーツブラが最善

私はいつもスポーツブラをつけているのですが、運転免許の更新に行った際、写真撮影でブラの肩ひもが写らないようにTシャツブラをつけていったのです。アンダーがすごくきつく感じ、帰宅後に頭痛発生(泣)。

記事を読む

パジャマ

ケチになりすぎるとかえって損をする~パジャマ購入を迷ったときに思い出した老子の言葉

パジャマを二着買う予定が、もう一着気に入ったものがあったので合計三着買うことにしました。けれど最後に決めた一着は高価なので、やっぱりキャンセルしようかと迷った結果……。

記事を読む