母の夜食に「梅干しおにぎり」を作る【胚芽米】

仕事から帰ってきて、疲れ果てた様子でソファーに横たわっていた母が、私が通りすがったときに「お茶……」と弱々しく声を出しました。

「え? お茶?」

おにぎり……

「おにぎり?」

半べそ

母は、半べそを(わざと)かきながら私に言います。

「前、夜食に作ってもらった梅干しのおにぎりが美味しくてね、あれがまた食べたくてね、今、ご飯を炊いてる。お茶を飲みながらおにぎりを食べて一服したいだね」

「ご飯炊いてるの?」

ウン

(いつの間に……!)

確かに二週間ほど前、母に胚芽米ご飯の梅干しおにぎりを作ってあげたことがありました。あれがそんなに美味しかったのか……。

(※うちでは、メインの食事の主食としては玄米ご飯を食べますが、間食には胚芽米ご飯を食べています)

台所に行くと、炊飯器の中に、胚芽米ご飯が炊けていました。私はやかんを火にかけながらおにぎり作りにとりかかりました。

↓小鉢にラップをしいて、ご飯をよそり、中央をくぼませて梅干しをのせます。

↓ラップごとおにぎりの形に握って……。

↓先月編み出した「おにぎり塩振り法」で全体に塩をまぶします。

↓海苔にくるんで完成。

やかんに沸いたお湯で煎茶を淹れ、母に、おにぎりとともに持っていきました。

するとソファーから起きあがった母は、「元気100倍! これで一服するだよ」と言いながらおにぎりにかぶりつき、お茶をすすっていました。

梅干しおにぎりくらいならいつでも作りますよ母さん……。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事

今日のおやつは「かんぴょう椎茸太巻き」(レシピ)

今日は母がおやつに「かんぴょう椎茸太巻き」を作ってくれました。レシピへのリンクあり。美味しいです!

記事を読む

「梅ネギ納豆ご飯」のレシピ更新~納豆ご飯定食の主食

「梅ねぎ納豆ご飯」のレシピをアップしました。納豆に梅干しと長ネギ、めんつゆを入れてかき混ぜ、玄米ご飯にかけて食べます。

記事を読む

オーサワのベジきのこカレーをおやつに食べる~サラッとピリ辛で美味しい

自然派、オーサワのべじきのこカレーをおやつに食べました。サラッとしていてピリ辛で美味しいです。

記事を読む

おにぎりを楽に作る方法~ラップの上で具を包み、塩は上から振りかける

おにぎりは作るのが大変という印象があったのですが、楽な方法を編み出しました。一番のポイントは、塩を、手につけてにぎるのではなくおにぎりの上から振りかけてしまうこと。

記事を読む

母が、おやつとして炊いた胚芽米ご飯を食べまくる~最後はかつおぶし、海苔、めんつゆのねこまんま

おやつとして炊いた胚芽米。仕事から帰ってきた母が食べまくって、炊飯器が空っぽになってしまいました。

記事を読む

毎日欠かさないムソーの有機梅干し~嗅ぐだけで病気が治りそうな高貴な香り

私が毎日欠かさず食べているのがムソーの有機梅干し。とても香りが良くて、何度も深呼吸してしまいます。

記事を読む

梅干しの種と一緒に玄米を炊く~種が行方不明にならないように一カ所に固めるのがコツ

梅干しの種が溜まってきていたので、玄米と一緒に炊くことにしました。そしたら、炊きあがった玄米に埋もれて、種が行方不明に。

記事を読む

ごぼう汁の主食に玄米ではなく「胚芽米ご飯」を試してみたら合わなかった

野菜を炒めてからどろどろに煮込んだ濃~い汁物「ごぼう汁」には、白米よりも玄米ご飯の方が合うことがわかりました。

記事を読む

焼きうどん

母の夜食にモロヘイヤ焼きうどん(レシピつき)

仕事で帰りが遅い母のためにモロヘイヤ焼きうどんを夜食として作りました。

記事を読む

納豆に梅干しとゆで小松菜を加えて手っ取り早く栄養を摂る

なるべく少ない品数で多くの栄養を摂りたいときは一品の中に様々な食材を混ぜるに限りますね。私は、納豆に「梅干し」や「ゆで小松菜」を混ぜたりします。

記事を読む