GLOBAL-IST(グローバル・イスト)のパン切り包丁を購入~焼きたて食パン12枚切りもできる

先日、切れ味抜群でお気に入りのGlobal(グローバル)包丁を買い足しました。↓

うちに三本ある包丁のうちの一本、グローバルの包丁が切りやすすぎて、母と台所に立ったとき争奪戦になるので、もう一本買い足しました。おかげでストレスフリー! 薄く鋭い刃で何でもよく切れます。

↑台所にこの包丁が二本あることが本当に便利で、買って良かったわ~と日々思っている中で、グローバルの他の包丁にも興味が出てきました。

そこで私が目をつけたのがグローバルのパン切り包丁

パン屋でもらったパン切り包丁

ホームベーカリーを2004年に買って以来13年間、うちでは、スーパーのパン屋さんで購入スタンプと引き換えにもらったパン切り包丁を使ってきました。↓

パン切り包丁

↑500円購入ごとにスタンプ1個、それを○○個貯めるとパン切り包丁プレゼント! という感じでもらったものです。

ネットで調べたところ、このパン切り包丁は3000円ほどするもので、そう安物というわけでもなく、パン切り包丁として普通に使えるレベルではあります。

しかし……。「切れ味が良い」と思ったことはなく、焼いた当日の柔らかい食パンなんかは特に切りにくい。

包丁を下まで入れて、最後、皮を切るのにもかなり「ギコギコ」しなければいけないし。

まあそれでも、使えないわけではないので使い続けてきましたが、グローバルのパン切り包丁が気になったこの機会に思い切って買い替えても良いかな? という気になりました。

パン切り包丁 刃こぼれ

↑けっこう刃こぼれもしてきているし……。

というわけで……。

GLOBAL-IST(グローバル・イスト)のパン切り包丁

global ist グローバルイストパン切り包丁

↑購入してみましたっ! GLOBAL-IST(グローバル・イスト)のパン切り包丁!!

global ist グローバルイストパン切り包丁

↑ジャーン!! とても立派な、オールステンレスのパン切り包丁です!

グローバルのパン切り包丁二種

スタンダードタイプ

グローバルのパン切り包丁には二種類あって、一つがスタンダードな形(刃先がまっすぐ)のこちら。↓

グローバル パン切り 刃渡り 22cm G-9(税抜8000円)

刃先がカーブしているタイプ

もう一つが、私が今回購入した、普通の包丁のような形をしたこちら(刃先が、切っ先に向かってカーブしている)。↓

グローバル・イスト パン切り 刃渡り20㎝ IST-04(税抜9000円)

グローバル・イストのパン切りにした理由

この両者、どちらを買うか迷いました。

刃渡りだけ見れば、スタンダードタイプの方が2㎝長く、そちらの方が良いなと思いました。

ただ、「グローバル・イスト」というのはグローバルの中でも最新のシリーズで、「エクストラ・エッジ」という新開発の刃つけをしているとのこと。

スタンダードタイプも切れ味は良いんだろうけれど、もっと切れ味が鋭いという「グローバル・イスト」に興味を引かれました。

また、商品説明を読むと、スタンダードタイプは「ハード系(皮が固い)パン」を切るのに適しており、グローバル・イストは「ハード系もいけるがソフト系も切りやすい」とのこと。

普段、うちでハード系のパンは一切食べないので、だったら「グローバル・イスト」の方がうちには向いているのではないかと思えました。

あと、価格の千円差(「グローバル・イスト」の方が高い)に、「千円高い分の何かがあるはず!」という期待をかけました。

切ってみる

global ist グローバルイストパン切り包丁

↑そして届いた期待の「グローバル・イスト」パン切り包丁

早速、パンを切ってみたいと思います!

食パン12枚切りに挑戦

挑戦するのは、「ホームベーカリーで焼き上げてから50分経ち、粗熱がとれた食パンの12枚切り」食パンカットガイドを使用します)。↓

global ist グローバルイストパン切り包丁

↑パンに刃を入れると……おっ? 刃が滑らず、皮にスッと入る!

これ、前はもう少しギコギコやらないと刃が入らなかったんだよね。

パンの中間部分も、包丁を前後に動かす回数が以前より少なく下に切り進められます。

一番違いを感じたのは、包丁を一番下まで入れてパンの皮(耳)を切るとき。ギコギコしなくてもスパッと切れる!

焼いたその日のパンは柔らかくて、前の包丁だと12枚切りするのは無理だったのですが、「グローバル・イスト」だといける!

最後が最難関

しかし、パンが厚いうちはまだ切りやすいから良いのです。

問題は、ラストですよ! ラスト、薄くなったパンをさらに薄く二分割するのが難しいのだ!!

global ist グローバルイストパン切り包丁

↑さすがにこの段階に来ると、「グローバル・イスト」でも楽勝とはいかない。

global ist グローバルイストパン切り包丁

↑でもなんとか下まで切った! そして……。

global ist グローバルイストパン切り包丁

↑できた! 12枚切り×9枚!

焼きたてのパンを12枚切りできるとは感激です! パン食の幅が広がりそうです!

二倍は切りやすい

前のパン切り包丁が3000円、この「グローバル・イスト」が9000円で、三倍の価格差があるので、三倍切りやすかったら良いなと思っていたのですが、前の包丁もそこまで「切れない」包丁ではなかったので、感覚として、切りやすさの差として「三倍」とまでは感じませんでした。

けれど、確実に二倍は切りやすい

これからパンを切る回数を重ねていくにつれ、この「二倍切りやすいことのありがたみ」が自分の中でより強く感じられていくんじゃないかと思います。

食パンを切るのって、毎回、地味にストレスでしたから。短い作業ではあるんだけれど、できれば避けたい、面倒な仕事。

その面倒さが減ったことは、パン作りにおいて大きなことです。食パンを焼く機会が増えそうです。

先に買ったグローバルの包丁(牛刀)は15年経っても切れ味が変わらなかったので、このパン切り包丁もいつまでも切れ味鋭いままだと思います。

これからどんどん使い込んでいこうと思います!

追記:サンドイッチがすごく切りやすい

ラップ 分厚いサンドイッチ

↑後日、「グローバル・イスト」パン切り包丁でサンドイッチを切ったところ、スパーン!! と切れました。

ラップ 分厚いサンドイッチ

↑綺麗な断面です。サンドイッチ切りにはかなりの威力を発揮することがわかりました。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事

切れ味抜群Global(グローバル)の包丁、二本目を購入~手術用メスと同じ超硬質ステンレス鋼でスパスパ切れる【日本製】

うちに三本ある包丁のうちの一本、グローバルの包丁が切りやすすぎて、母と台所に立ったとき争奪戦になるので、もう一本買い足しました。おかげでストレスフリー! 薄く鋭い刃で何でもよく切れます。

記事を読む

レタスたっぷりの分厚いサンドイッチを作る~ラップでギューギューにくるんで固定し、包丁で二つに切る

サンドイッチは、具が多いとグラグラして崩れやすくなるためあまり分厚く作れなかったのですが、ラップでギューギュー巻きにしてから切れば、どんな分厚いサンドイッチも簡単綺麗に出来る!

記事を読む

ホームベーカリーの食パンを12枚切りにする

食パンカットガイドS SCG1を使い、ホームベーカリーで焼いた食パンを12枚切り(サンドイッチ用)にしました。とてもうまくいきましたよ! 写真つきで方法を紹介。

記事を読む

食パンスライサー(カットガイド)

ホームベーカリーの食パンを綺麗に切る方法

食パンカットガイド(パン切り機)でホームベーカリーの食パンを八枚切りにしてみました。写真つきで紹介。

記事を読む

切れ味抜群のスライサー「マルチカッターVシリーズ」を買い足す。

13年使ってきたマルチカッターVシリーズの太千切スライサーの刃が取れたので、新しいのを買うことにしました。

記事を読む

ティファール IH ホームシェフ フライパン E45006

ティファールの最高級フライパンがとても使いやすい!

年季が入って塗装の剥げてきたフライパンを買い換えました。ティファールの、最高グレードのものです。さすが、焦げ付きもなく、スルスルとても使いやすく気に入りました!

記事を読む

アムケトル

ホーローのやかん(野田琺瑯のアムケトル)を買った~軽くて注ぎやすい

蒸留水で湯を沸かしたいとき、金属のヤカンを使うと匂い移りが起きてしまいます。そこで、ホーローのやかんを購入。日本製・野田琺瑯のアムケトルです。使いやすくて感激!

記事を読む

ビンのフタ開け器を購入~金属がフタをガッチリつかんでパカッと簡単に開けられる

20年以上愛用していたビンのフタ開け器を紛失し、やむなく、似た形の物を探して購入しました。結果、今まで使っていたものよりさらに使いやすくなっていて満足です! 固いフタが簡単に開けられます!

記事を読む

魚用の「ステンレス骨抜き」を買って鯖の小骨を抜く~焼き鯖(サバ)の棒寿司を作りたい!

鯖の棒寿司というのを作ることにしたのですが、鯖を三枚おろしにしたときに小骨取りを指でやるのは大変そうだったのでステンレス製の骨抜きを購入しました。簡単に骨が抜けて手間削減!

記事を読む

ツナサンドのツナマヨはペースト状になるまでよく混ぜると美味しいと聞き挑戦~コンビニの味に近づいた【ツナマヨレシピ】

ツナサンドの具に使うツナマヨはペースト状になるまでよく混ぜると美味しいと聞き、ボウルで5分間、ツナの形がなくなるまで混ぜてみました。すると、コンビニツナサンド風というか、プロっぽい味に!

記事を読む