不織布フキン「クラフレックス」は丈夫で乾きやすく衛生的かつ経済的~ぬか床容器拭き、台所用フキンにぴったり

シェアする

今年の8月にぬか床を作って以来、毎日ぬか漬けを楽しんでいるわけですが、ぬか床の管理に欠かせないのが毎日のかき混ぜ。↓

クラフレックス 不織布ふきん

↑空気を含ませるように全体を混ぜるのですが、そのとき、どうしても容器の側面やフチにぬかがついてしまいます。

キッチンタオル

当初は、これを拭き取るのに使い捨ての紙製キッチンタオルを使っていました。↓

クラフレックス 不織布ふきん

↑キッチンタオルをたたんで軽く濡らし、拭いていきます。手軽だし、仕上がりも上々。

しかし、キッチンタオルで容器の「ぬか」を全部拭こうとすると、一枚では足りず、最低でも2枚は使わなければいけません。4枚使う日もありました。

これが、毎日続くと、なんだかもったいなく感じるようになりました

もったいない

ただ、ぬか床容器についたぬかを拭き取るというだけのために、キッチンタオルを使う必要があるのか?

そこでティッシュで拭くことを試してみましたが、ティッシュだと薄すぎて、すぐ破れるし、まったく用を為しません。

かと言って布のフキンだと洗って乾かすまでに時間がかかるし、中途半端な洗い方だと雑菌が湧きそう。

毎日のことだから、なるべく簡単に管理できるものが良い。じゃあどうしようかなあ。と思って色々調べているうちに、スーパーのレジ台に置いてある不織布フキンが便利という声を見つけました。

クラフレックス

スーパーレジ台の不織布フキン……。ああ、あれね、わかるわかる! と、頭に実物を思い描きながらネット上を探し回り、良さそうなものを取り寄せてみました。↓

クラフレックス 不織布ふきん

クラフレックス カウンタークロス。レーヨン100%です。信頼の日本製(参考:クラフレックス公式サイト

クラフレックス 不織布ふきん

↑60枚入り。

クラフレックス 不織布ふきん

↑1枚の大きさは35cm×61cm。けっこう大きいです。手触りはごわごわと固め。

クラフレックス 不織布ふきん

↑細かな穴がたくさん空いています。

クラフレックス 不織布ふきん

↑洗濯・漂白が可能。用途としては調理作業、食器拭き、テーブル拭きなど。

切って使ってみる

一枚だと「ぬか床容器拭き」としては大きすぎるので、半分に切って使ってみることにしました。↓

クラフレックス 不織布ふきん

↑水に濡らし、固く絞って拭いていきます。水気を含みにくい素材なので、キッチンタオルに比べるとちょっと拭きにくい感じはありますが、実用的にはまったく問題ないです。

使い捨てではなく、一度で拭き切れなければその場で水洗いして綺麗にし、改めて拭けるというのが何より良いです。

速乾

そしてこのクラフレックスの一番良いところはその乾きやすさ

布のフキンだと、干してから一日で乾くか疑問ですが、クラフレックスは干して半日でほぼ乾き、1日後には完全にカラカラになっています。

この速乾性と、汚れの落ちやすさのおかげで、布フキンに比べて雑菌繁殖数がかなり抑えられるそうです。(参考:クラフレックス公式サイト

経済性も良い

唯一心配だったのが経済性

クラフレックスは、amazonでの売価が、60枚入りで2331円。つまり一枚約39円で、そこだけ見ると安くは無い。

しかし、実際に使い始めてみると、このクラフレックスはかなり丈夫で、最初に使い始めた1/2枚を二ヶ月経った現在も使い続けている状況です。

この調子で、ぬか容器拭き用ふきんとして「二ヶ月に1/2枚」のペースで使い続けた場合、一箱(60枚)全部使い切るのに20年はかかる計算です。

一ヶ月あたり10円。

こう考えるとキッチンタオル(1枚1円、一日に2~4枚使うとして、一ヶ月あたり60円~120円)に比べてかなり経済的と言えます。

実用性、衛生面、価格面、管理のしやすさなどから考えて、「ぬか床の容器拭き」という用途にはこの不織布フキン「クラフレックス」、適していると思います。

今後もぬか床管理にクラフレックスを愛用していきます!

追記:台所のふきんとして使うようになった

2017年追記:当初、「ぬか床容器拭き用」として使っていたクラフレックスですが、現在は調理中に流し台を拭いたりする、台所ふきんとしても使っています。

台所ふきんには、それまでは綿100%のタオル雑巾を使っていました。↓

↑こんな感じの。こういう雑巾は吸水性が良く、使い心地は良いんですよね。

タオル雑巾は乾きにくい

ただ、タオル雑巾って乾きにくいんですよ。洗って干しても翌日乾いていなくて、そのまま使うことを繰り返しているとだんだんカビてきたりして……。

クラフレックスは衛生的

その点、クラフレックスはすぐ乾くので、衛生面で安心です。

一応「不織布」で、布ではないのですが、もうタオル雑巾のようにゴッシゴッシ水洗いなどしてしまっています。

そんな荒々しい使用にも一ヶ月は耐えてくれます。

タオル雑巾を大量に用意して、洗って乾かしてをうまくローテーションしてカビないように使えればそれが一番良いのかもしれませんが、クラフレックスの楽さに慣れてしまうと、もうなかなか戻れないという感じです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事

ぬか漬け美人

ぬか漬け用のホーロー容器(野田琺瑯「ぬか漬け美人」TK58)を購入【ぬか漬け1】

ピクルス作りの経験で乳酸菌食品に興味を持ち、ぬか漬け作りに挑戦することにした私。早速、ぬか漬け容器を買うことにしました。壺タイプ? 箱タイプ? 色々考え、最終的に「ぬか漬け美人」に。

記事を読む

防水エプロン

ぬか床のぬかが防水エプロンに飛び散って、虫防止のため泣く泣く破棄&新調する【防水エプロン3】

補修を繰り返しながら一年四ヶ月もの間使い続けてきたペラペラの防水エプロン。ぬか床作成のときにぬかがエプロンに飛び散ってしまい、床に落ちて虫が湧くのを防止するため新調しました。

記事を読む

カリタクラシックミル

豆を挽いている途中でコーヒーミルが壊れた

コーヒーを淹れようと豆を挽いている最中に急にミル(カリタクラシックミル)のハンドルが回らなくなりました。そこで登場させたのはカリタのドームミル!

記事を読む

ポリエチエプロン

洗い物時のお腹濡れ防止に防水エプロン【防水エプロン1】

洗い物をするとき、エプロンのお腹部分に水がはねていつも濡れ、下にまで染みて乾かすのが大変です。そこで、防水エプロンを買うことに。まずは簡易的なものから。

記事を読む

ビンのフタ開け器を購入~金属がフタをガッチリつかんでパカッと簡単に開けられる

20年以上愛用していたビンのフタ開け器を紛失し、やむなく、似た形の物を探して購入しました。結果、今まで使っていたものよりさらに使いやすくなっていて満足です! 固いフタが簡単に開けられます!

記事を読む

タニタデジタルクッキングスケール

新しいデジタルはかり(タニタのデジタルクッキングスケール)は使いやすさ抜群

故障したはかりに代わる新しいデジタルはかり(タニタ デジタルクッキングスケールKD-192-RD)を購入しました。見やすさ、使いやすさともにバッチリです!

記事を読む

多機能キッチンタイマー(SATOデカタイマー)がなかなか使えて重宝

タイマーとしても時計としても使えるキッチンタイマーを購入しました。多機能で使いやすいです。

記事を読む

にんじんジュースを人力で作るのが大変で、ジューサーを購入~にんじん一本を2秒でおろせる

最近はまっているにんじんりんごジュース、人力ですりおろして作っていたのですが、大変なのでジューサーを購入しました。にんじん一本が2秒でおろせます。

記事を読む

ポリエチエプロン

防水エプロンのヒモが使用三週間目にしてちぎれる~その後、ヒモ延長カスタマイズ【防水エプロン2】

防水エプロンのお試しとして買ったポリエチエプロン。50枚入りの1枚目が、使用三週間目にしてついに使い物にならなくなりました。

記事を読む

食器洗い用スポンジ「マジカルニット」は、アクリルたわし+スポンジの威力で、お湯だけで汚れ落ち抜群

お気に入りの食器洗い用スポンジ「マジカルニット」。弾力性あるスポンジをアクリル毛糸のニットで包んだ商品で、お湯だけでも食器が綺麗に洗えて重宝しています。

記事を読む